[No.1047]桜木町駅街頭ー子どもたちの「心のつながり」の再生に向けてー

RIMG7539.JPG

ハマダレポート Vol.46 2011.2.28

ー子どもたちの「心のつながり」の再生に向けてー

本日、誕生日を迎え、先週に続き、高校時代の同級生でもある夜回り先生・水谷修さんから指摘されたことを反芻(はんすう)しています。

「子どもたちの非行が不健全になっている」

昔の「ワルい子」による「暴走族」「盛り場での夜遊び」から、「普通の子」あるいは「よい子」による、「引きこもり」「リストカット」「麻薬」へと変化しているという指摘です。

 2月4日、参議院法務委員長として、東京少年鑑別所(練馬区)及び関東医療少年院(府中市)を訪問させて頂きました。

寒い中でも暖房のない部屋で「再出発」をめざす子どもたち。

「昔はワルい子とのつながりが非行を生んだが、最近では子どもたちの心のつながりのなさが逆に、異常な行動に結びついてしまう」との現場の声。

医療少年院でも13年前に、送られてくる子どもの病気の比率が身体の「病」から心の「病」に逆転し、今では全体の4分の3にまでのぼっています。

子どもたちの「心のつながり」、その再生に向けて、浜田まさよし、再出発します!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP