[No.1070]第10回 東京電力福島第一原子力発電所災害対策本部

CIMG1850.JPG4月21日、東京電力の出席を求め、発表された3ステップの収拾案及び一昨日から説明が開始された仮払い補償金の進捗状況についてヒアリングを行いました。

3ステップ案においても、未だ、水素爆発及び高濃度汚染水の環境漏出のリスクがあります。

ヒューマンエラーを決して起こさない体制を求めました。

1世帯100万円の仮払い補償金については、地元自治体の行政機能も「被災」していることから、積極的に東京電力側が代行することを求めるとともに、農産物被害などについても早期の仮払いを求めました。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP