[No.1082] ハマダレポート Vol.59ー親族里親制度がさらに前進ー

ハマダレポート Vol.59 2011.5.30

ー親族里親制度がさらに前進ー

ハマダレポート53号でご紹介した川崎市のご婦人のご相談。

小学校6年生の女の子のお孫さん(京子ちゃん仮名)への親族里親制度の適用を決める審議会が先週23日に開かれ無事認められました。早速ご報告し、喜びの声を頂きました。

東日本大震災での両親を失った子供たち。25日現在で155名。うち、親族里親制度の適用申請が16名、未だ1割とのこと。厚生労働省からの積極的働きかけを要請しました。

さらに、震災孤児に対しては、月々4万7千円の生活手当に加え、本来、入学時に支給される支度金小学生4万円、中学生4万6千円がその学年にかかわらず支給されることも決まり、津波で流されたランドセル・学用品の用意に当てることができるようになりました。

しかし、血がつながっていない方が里親となる養育里親には、月7万円の里親手当が支給されますが、血がつながっている親族里親にはこれが支給されないという問題。

担当する厚生労働省は、「民法で祖父母や兄弟姉妹などには子の養育の義務があるから」と今まで説明してきました。

26日、私が委員長を務める参議院法務委員会で法務大臣の見解をただし、「民法が根拠ではない」との答弁を勝ち取り、親族里親にも養育手当支給のやっと糸口が!

被災地では震災孤児を養育したいと思っている親族自身が被災者です。養育里親の場合の半額でも支給されれば大きな支援に。

川崎の京子ちゃんとおばあちゃんの団らん。楽しい声が響いているかな。子供たちの未来へ、浜田まさよし、進めます!

 

[No.1081] 公明党 茅ヶ崎支部会

茅ヶ崎支部会.jpg5月25日、茅ヶ崎支部会に出席させていただきました。

この度の統一地方選、茅ヶ崎市議、応援いただいた藤沢選出県会議員の全員当選の御礼を申し上げました。

東日本大震災、福島原発の政府の対応、まさに「鈍菅内閣」です。

4月25日の参議院予算委員会での政府への追及をご報告し、来週6月1日の党首討論を機に、さらなる対応を求めていく決意を述べさせていtだきました。

[No.1080] ハマダレポート Vol.58ー足立区完勝とご支援の「勢い」ー

ハマダレポート Vol.58 2011.5.23

ー足立区完勝とご支援の「勢い」ー

15日に投開票が行われた東京都足立区議選。定数5減の中、公明党は現有14議席を死守し、6000票増、過去最高のご支援を頂きました。

一方、10人の候補を擁立した民主党は7人が落選する惨敗。共産党も新人1人が落選し、後退。

まさに、ご支援いただいた方々の「勢い」のたまものです。

区議選後、このご支援の「勢い」について、ある横浜のご婦人からうれしいメールを頂きました。

このご婦人からは、去る5月9日、労働災害でリハビリ中のご子息が通院していた整形外科が急に閉院し、書類不備で月35万円の労災補償がストップ。何とかして欲しいとのメールを頂いていました。

早速、厚生労働省の担当課に連絡、解決し、あきらめておられていたご子息から「やった!希望が見えてきた」とのメールがご婦人にあり、喜んで頂いて足立区応援の「勢い」にして頂いたとのご報告です。

ネットワークの力で、全国の議員が「声をカタチに」取り組んでいる、これこそ公明党の強みです。

さらなる党勢拡大へ、浜田まさよし、進めて参ります!

[No.1079] ハマダレポート Vol.57ー「放射能被害」を食い止めるー

ハマダレポート Vol.57 2011.5.16

ー「放射能被害」を食い止めるー

5月11日から13日にかけて、県内、足柄、小田原、愛川、清川、真鶴、湯河原での生茶から基準値以上の放射能が検出し、出荷自粛されるというニュースが発表されました。

高いところで基準値の1.5倍程度で、相模原、厚木、秦野、伊勢原、大井、箱根、中井、松田、山北、開成では基準値以下。しかし、「何故、神奈川まで」とショックが拡がりました。

ちなみに、同時に検査されたほうれん草(南足柄産、平塚産)、小松菜(相模原産)、は放射能不検出でしたのでご安心ください。

また、同時期に静岡県が行った検査では、菊川市の生茶は基準値の5分の1程度、さらに製茶した10グラムを430ミリリットル(お茶碗3杯)のお湯で90度、60秒で浸出したものでは、基準値の100分の1から1000分の1程度。全く問題ありません。

神奈川県の発表によると、今回検出した足柄茶を毎日、1キログラム、365日、食べ続けた場合の人体の影響は2.7ミリシーベルトと、大人、子供の目安100、30を大きく下回っています。まあ、そもそもお茶を食べ続ける人はあまりいないと思いますが・・・

但し、厚労省がお茶を殆ど検査してこなかったのは大問題。至急、青森から長野までの14都県に緊急調査を要請しました。

基準値を上回る農産物は出荷自粛され、公明党の要請により、その被害補償及び必要な無利子つなぎ融資が受けられるようになっています。

党の原子力災害対策本部の事務局長として、浜田まさよし、全力を尽くします!

 

[No.1078] ハマダレポート Vol.56ー動物たちのいのちー

ハマダレポート Vol.56 2011.5.9

ー動物たちのいのちー

この度の大災害で多くの動物たちも被災しました。

原発20キロ圏内には、牛4千頭、豚3万頭、鶏63万羽、馬百頭、犬は5800匹。

テレビで放映されていましたが、家畜の多くが、餓死し、または、その寸前の状況。

特に、被災された方々から悲痛な声を頂いたのが、ペットたち。もはや家族同然で、心の支えでもあったのです。

4月22日、私が事務局長を務める党の原発災害本部と高木美智代衆院議員が委員長の動物愛護管理推進委員会で、防災担当でもある松本環境大臣に緊急要請を行いました。

立ち入り禁止の警戒区域になった後も、「緊急災害時動物救援本部」と連携している動物愛護団体の現地派遣を認めること、救護した被災動物の預かり施設の確保、救護用資材の供給も・・・・。

そして、4月27日、福島県が原発20キロ圏内のペット保護の方針を発表。この連休中から、保護と調査が始まりました。

獣医師資格を持つ県職員が立ち入り、餌を与え、衰弱している場合は、保護して飼い主に連絡、ホームページで公表も。今回、犬27匹、猫2匹が保護されたそうです。

「ニャンとよかった」、我が家のニケも喜びました。

生あるものの「いのち」大切に、浜田まさよし、進めます!

[No.1077]憲法記念日街頭

110503.JPGのサムネール画像5月3日、横浜駅前で、憲法記念日街頭をさせていただきました。

先月の統一地方選挙、皆様のご支援を頂き、公明党が、神奈川県会、横浜市会をはじめとする、多くの市議会、町議会で大勝利させていただきました。心より御礼を申し上げます。

この度の統一地方選挙、東日本大震災のさなか、異例な選挙となりました。しかし、「こういうときこそ、支え合う日本を、安全・安心の日本を」との皆様のお声。公明党はネットワーク政党です。しっかりと受け止め、今後、一つ一つカタチにさせていただきます。

 この度の原発災害。日本の総力を結集していち早く収束しなければなりません。

東京電力は3ステップの収束案を示しましたが、これはあくまで東京電力の発電プラントの収束案です。これに対応した被災されている方々の生活の再建案が政府から全く示されておりません。

それどころか、放射能が検知される瓦礫は廃棄物処理法上どう対応するのか。福島での学校の校庭の表面の土を剥がした方がよいのか、悪いのか。

農産物や畜産物の賠償についても、4月28日に紛争審査会の一次指針が出されましたが、それに基づく具体的賠償手続きどころか、仮払いの考え方も出ておりません。

さらに、飯舘村の皆様。5月末までに計画避難せよと政府は命令しておきながら、じゃどこに行けばよいのか。残していく牛の世話はどうするのか。全く政府から具体的な計画は出てこない。

 何故、このように政府の災害対策・原発対策このように、緩慢なのか。

・福島の南相馬市の方が仰いました。「国に何がないのか、心がありません。打つ手打つ手に、被災者への思いやりや心配りがない」

まさに、今、政治に心が、思いやりが、心配りが求められています。

我々、公明党は、3.11大震災以降、ネットワーク政党として、被災者の皆様の声を政府に届けて参りました。少しでも政府の対策に「心配り」や「思いやり」が増すように、現地に回り、政府に提言をして参りました。私自身、3度にわたり総理官邸に緊急提言を行い、参議院の予算委員会で2度にわたり質問もさせていただきました。

菅内閣に被災者の方々の思いを心を直接ぶつけさせていただくためです。

福島の方々は、地震、津波に加え、原発、さらに風評被害に苦しんでおられます。自分たちは何も悪いことはしていないのに、テレビ、新聞で福島、福島と言われる。その風評を止めて欲しいと、その思いの一つとして、原発の名称を「東京電力福島第一原子力発電所」と正確に標記して欲しいと要望書を出された。しかし、菅総理自身がワシントンポストなどのへの寄稿文において、未だ「Fukushima」と書いている。

このことに対し、先週の予算委員会、菅総理は「修正を検討したい」と答弁しておきながら、1週間経っても、首相官邸のホームページは未だ修正されていません。

まさに「心がない」というか、まさに、「鈍感内閣」です。

 
この原発対応は、安定するまででもこれから6ヶ月から9ヶ月。好むとこの混ざるにかかわらず、この問題に我々は向き合わなければなりません。

この「鈍感内閣」に少しでも「心を込めた対策」を実施するよう、皆様のお声を、今以上に届け、そして、それをカタチにしていくことをお誓いし、そのことがこの度の統一地方選挙で公明党を支援頂いた皆様への恩返しであると改めて決意させていただき、私の挨拶とさせていただきます。

[No.1076]ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟で枝野官房長官に申入れ

CIMG1882.JPG

5月2日、本日参議院で、第一次補正予算が採決されます。

我が党としては、瓦礫処理などの緊急のための支出については異論はありません。

但し、その歳入案については問題が多いと考えています。

子供手当などの未だ既存財源の切り込みが不十分。

年金財源の2.5兆円流用も、消費税導入のための「布石」のにおいがします。

さらに、ODA大幅削減。特に、我が国が2000年の沖縄サミットの際に提唱して、設立された「エイズ、結核、マラリア撲滅のための世界基金」から約150億円も減額しています。

このことが、我が国がこの分野の取り組みを弱めるというような、間違ったメッセージとならないよう、また、第二次補正予算など本年中にその復活を図るよう、枝野官房長官に、事務局長を務める超党派の議員連盟として申し入れさせていただきました。

[No.1075] ハマダレポート Vol.55ー親子の絆(きずな)とは?ー

ハマダレポート Vol.55 2011.5.2

ー親子の絆(きずな)とは?ー

参議院法務委員長として2月24日、東京都の児童相談センターを訪問させていただきました。

児童虐待が増えています。昨年度、全国の児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は4万4千件、この10年で4倍です。その内の1/4の1万人にものぼる子供たちが一時保護されています。

「親の同意」を拒絶され、携帯電話の契約や医療ケアが受けられない子供たち。親自身が心のケアを行わなければ虐待を繰り返すこともあるという現実。

親には子供を監護(かんご)、教育する権利・義務、親権(しんけん)があります。その親権を一定期間停止する民法の改正について、この国会、法務委員会で審議が始まりました。

親権を濫用(らんよう)する親から子供を最長2年間、法的に引き離すという「重い」テーマです。現行民法の「親権喪失」では弾力的に運用しにくい、児童相談所等の指導に聞く耳を持たせるために必要などの現場の声をいただきました。

一度引き離されても、親子団らんを再び築けるのか・・・、停止期間中の親子ケアのあり方とは・・・。

また、この度の大震災で多くの子供たちが両親を亡くしました。「未成年後見人制度を早急に使いやすく」との声も。

「チャイルド・ファースト」、子供たちの笑顔輝く社会に向けて、浜田まさよし、進めます!

 

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP