[No.1099]ハマダレポート Vol.68  ー苦労の原子力被害者早期救済法、ついに成立!ー

ハマダレポートVol.68 2011.8.1

ー苦労の原子力被害者早期救済法、ついに成立!ー

私が発議者の一人として議員立法していた標記法律が、7月29日の参議院本会議でついに成立に!

原子力被害者への東京電力の仮払。「遅い」「対象が狭い」「不明確」という多くの苦情が寄せられていました。

その理由は、今の民主党政権、「第一義的には東京電力」と、国が前面に立とうとしないからです。東京電力による仮払も、全く法的根拠が無く、どういう場合に仮払がされるのか、その比率は1/2なのかもすべて東京電力任せ。

大和市の枡田市議から、プラントメーカー社員として東京電力福島原発に勤務されていたご主人が亡くなり、今は大和市在住のご婦人のお声を頂きました。

原発7キロ圏内の双葉町にあるアパートの家賃収入がゼロに。しかし、東京電力に補償の仮払を求めたところ、「住民票のある大和市は原発から30キロ圏外だからできない」という冷たい返事!

公明、自民、みんな、たちあがれ日本、新党改革の5党提案で成立した法律は、遅い、不十分な仮払を国が責任を持って1/2以上支払い、あとから東京電力に請求するというもの。

あわせて、今まで仮払の対象になっていなかった「自主避難」などの支援を柔軟にできる3000億円の基金も法律に盛り込みました。

総理や閣僚が答弁する衆・参の第一委員会室。私自身合計4日間の答弁に立ち、国の責任で行うことを渋った民主党・財務省を説き伏せて成立させました。口先だけの共産党は最後まで反対。

今後、法律の執行は立法府から行政府に移りますが、「仏作って魂入れず」とならぬよう、浜田まさよし、本日の委員会(NHKで放映)で午後3時前から菅内閣に質していきます!

[No.1098]ハマダレポート Vol.67 ーなでしこジャパン、ゴールの喜び!ー

ハマダレポート Vol.67 2011.7.25

ーなでしこジャパン、ゴールの喜び!

女子ワールドカップ、なでしこジャパンの優勝。本当に勇気を頂きました。

沢選手の延長終了間際のゴール、早朝の日本中で歓声が上がったような気がしました。

「どんな人にもゴールの喜びに差はない。」昨年11月5日、日本知的障がいサッカー連盟の代表の方々の訪問を頂き、年齢や障がいの有無を問わず、誰もが楽しくサッカーを通じて交流できる場の確保をとのご要望を頂きました。

その模様が翌日の公明新聞に掲載され、大きな反響に。男子アジア大会で優勝した日本代表キャプテン長谷部選手の出身地、「サッカーのまち藤枝市」の大石市会議員が早速11月議会で取り上げ、市長の協力を得て知的障害サッカー大会を藤枝で開けることに!

ところが2月20日、藤枝市民グランドで開催準備していた「全日本知的障がい者サッカー選手権大会決勝戦」が、なんとインフルエンザのため中止になってしまいました。

しかし、なでしこジャパン並みの執念があるのが公明党! 大石議員の奮闘で今年度の大会も藤枝で開催することに。

実は昨年南アフリカでの知的障がいサッカー世界大会に日本代表で参加した選手に県立藤枝特別支援学校の生徒さんがおられたことも分かりました。

海外では障がいがありながらもプロで活躍する選手もおられるとのこと。

ゴールの喜びだれにでも。浜田まさよし、進めます!

[No.1097]ハマダレポート Vol.66 ー「奇跡」は起きるかー

ハマダレポート Vol.66 2011.7.18

ー「奇跡」は起きるかー

子供お笑いコンビの"まえだまえだ"主演の映画「奇跡」が公開されています。

両親の離婚で福岡と鹿児島に分かれて住むようになった幼き兄弟。

九州新幹線が開通する日、博多から南下する"つばめ"と鹿児島から北上する"さくら"が超高速ですれ違う瞬間を目撃すると奇跡が起きて願いが叶う。そんな噂を耳にした兄弟が家族四人の生活を夢見て計画に出る・・・。果たして「奇跡」は起こるのか。

監督・脚本は、7年前、子供のネグレクト(育児放棄)を題材にした「誰も知らない」でカンヌ映画祭で高く評価された是枝裕和(これえだひろかず)氏。初当選直後、児童虐待問題に取り組むきっかけを頂いた作品でした。

この5月、私が委員長を務める参議院法務委員会で東京里親会の会長さんから「家族には奇跡が起きる」とお聞きしました。

今まで20名もの子供たちを里親として育ててこられ、その半数以上は親から虐待を受けていたとのこと。虐待を受けた子供は決して親に心を開かない。しかし、何らかの「わだかまり」が解けた瞬間、信じられないように再び普通の親子として通じ合えるという。

"子供"が40代、50代になってからでも起きるこのような「奇跡」。

それを信じて、浜田まさよし、進めて参ります!

 

[No.1096] 原子力被害者早期救済法案参議院可決!(動画)

11071416595.jpg7月15日、提案者として議員立法していました原子力被害者早期救済法案の採決が本日参議院本会議であり、賛成123、反対110という僅差でありましたが、無事可決されました。民主、国民新党、共産は反対しましたが、共同提案の自民、公明、みんな、たちあがれ日本、新党改革の5党に加え、社民党や無所属の議員の協力を得たものです。

この法案、東京電力の損害賠償の仮払が、「遅い」「対象が狭い」「不明確」という被災者の不満を受け、国が前面に立ってその早期救済を行おうとするものです。

何故、民主党など与党は反対したのか。10回にわたる与野党修正協議で95%まで合意できていました。しかし、最後の5%、仮払を国の義務とするかしないかという一番重要な点で、国の財政負担を恐れて民主党が反対したのです。

補正予算の審議が終わった7月25日の週から衆議院で東京電力救済の支援機構法と並行して審議の予定。まさに「国の責任」が最大の論点です。

しっかりと正論を貫き、残り5%の合意を勝ち取って参ります。

動画映像をご参考に

 

[No.1095]ハマダレポートVol.65 ーうつ対策さらに一歩ー

ハマダレポートVol.65 2011.7.11

ーうつ対策さらに一歩ー

再選させていただき、丸1年。ハマダレポートとして「政治の現場の話をわかりやすく」と取り組ませて頂いています。

3.11、千年に一回という大震災。現時点で1万5千名もの方が亡くなっています。その後、政治状況は一変。震災対策以外を口にするのがなんとなく申し訳ないような雰囲気・・・。

しかし、依然として毎年、3万人以上が自殺でなくなっているという現状。「千年に一回の大震災の2回分の命が毎年、苦しみながら消えていっているのです」との悲痛なお声をお聞きしました。さらに大震災後、自殺者は全国で2割、福島で4割も増えているとも。

取り組んできたうつ対策・認知行動療法。厚生労働省の調査によると、昨年4月保険適用直後の6月1ヶ月間で全国約1万3千人分の保険申請があったとのこと。まだまだです。

質の高い認知行動療法の普及のためには人材育成が鍵。その中心になる「認知行動療法センター」がこの6月から国立精神神経医療研究センターでオープンし、慶応大学の大野先生にそのトップに就任して頂きました。

先日、横浜のある党支部会終了後、お父さんと娘さん息子さんからうれしいご報告を頂きました。

娘さん息子さんとも認知行動療法を受けられ、学校に復帰できたとのこと。その笑顔にこちらが元気に!

震災後も、うつ対策をさらに一歩。浜田まさよし、進めて参ります!

[No.1094]ハマダレポートVol.64ーフイルムバッチ、通学路の除染が実現!ー

ハマダレポートVol.64 2011.7.4

ーフイルムバッチ、通学路の除染が実現!ー

6月13日のハマダレポートでご報告した福島の子供たちの放射能対策が実現することとなりました!

政府与党が7月15日に国会に提出しようとしている第二次補正予算。

公明党として要求してきた、福島の15歳以下の子供たち20万人全員に線量計(フイルムバッチ)を配布、校庭だけではなく通学路・公園の除染、さらには学校のエアコン設置や夏の林間学校まですべて盛り込むとの回答が、6月30日、民主党からあったのです。

地域住民の健康影響調査、被ばく医療体制の強化も盛り込まれ、さらに、福島県以外の校庭の放射能低減のための予算や風評被害対策としての日本ブランド復活強化策も、公明党のアイデアで実現に。

一方、現在の東京電力の損害賠償では、仮払いが「遅い」、対象が「狭い」、差し押さえ等の権利保護「不明確」との問題は未解決。

原発から30キロを少し離れているが故に「自主避難」となっている方々には全く政府からの支援がないのが現状です。

これを受け、自民、公明、みんなの党など野党5党で議員立法した「原子力被害者早期救済法案」。法案が成立すればその予算額(要求5000億円)は第二次補正予算で対応したいとの民主党の回答も!

いよいよ、今週から国会審議。私も法案提出者として質問ではなく「答弁」に立ちます。

どうしようもない菅総理は放っておいて、公明党、浜田まさよし、被災者対策進めます!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP