[No.1103] ハマダレポート  Vol.72 ー警戒区域内の動物たちー

ハマダレポート Vol.72 2011.8.29

ー警戒区域内の動物たちー

警戒区域内のペットを何とかして欲しい!

切実な声を受け、公明党として4月22日に環境大臣に申し入れを行った結果、現在までに犬302匹、猫189匹の保護が行われたとのこと。避難されている飼い主の皆様の心の支えになっていることは幸いです。

しかし、今、牛3500頭などの圏内の家畜が問題となっています。農林水産省は5月に安楽死処分を発表したものの、その後の埋却方法を明確にしなかったことから、今までにこのような処置がなされたのはたった59頭。

多くが「餓死」し、放置されている状況に、国際的非難さえ高まっています。

獣医師会会長から、むしろ、被ばくした家畜たちを圏外の牧場に移し、被ばく医療のための研究対象としたいとの声を受け、8月26日、党原発災害本部、動物愛護委員会及び農林水産部会として、農林水産省に緊急要請を行いました。

民主党の政務官は「家畜がどの程度被ばくしているかわからない状況で研究といっても・・・」と逃げ腰気味。

腹が立って、「牛のどの部分にセシウムが集まるのかなど研究課題はあるはず。できないことを考えるより、できることを考えるべき」と一喝してしまいした。

人命優先のなかで、家畜は避難したくてもできなかったのです。

生あるものへの感謝。忘れずに、浜田まさよし、進めます!

 

[No.1102]ハマダレポート Vol.71 ーアフリカ・ベナンとの縁(えにし)と小学校のエアコンー

ハマダレポート Vol.71 2011.8.22

ーアフリカ・ベナンとの縁(えにし)と小学校のエアコンー

7月6日、横浜のあるお母さんから長文のメールを頂きました。

小学2年生のお子さんが通われているS小学校。プレハブ校舎最上階の教室は、断熱材がない屋根からの直射で、家庭用のエアコンが設置されているもののサウナ状態。

窓は落下防止のため15センチしか開かず、児童は首に巻く「冷却ジェル」を使用しているものの、連日、鼻血を出す子や嘔吐とする子も。何とかして欲しいというSOSです。

S小学校という名前を聞いて、5年前を思いだしました。

当時、横浜で開催されたアフリカ開発国際会議。外務政務官だった私は、少しでもアフリカから来日する方々に横浜市民との交流を深めてもらおうと、横浜市内の小学校や地下鉄の駅を国ごとに割り振り、「一国一校」「一国一駅」運動を進めておりました。

その際、TVによく出ているゾマホンさんの母国、西アフリカの国「ベナン」。その担当が私の自宅最寄りの駅、岸根公園とそのS小学校だったのです。そういう縁から、ベナンから来られたアフリカ市民会議のアーサー議長によるS小学校での特別授業を応援させていただいたことも。

7月11日に再度訪問させていただいたところ、5年前と同じ校長先生!

アーサー議長が再度訪問されたら、「ベナンよりも熱い!」と言われたかどうかわかりませんが、そのような縁から、とんとん拍子に話が進み、横浜市教育委員会の「特別配当」で業務用のエアコンの設置が決定。この夏休み中に、工事となりました。

2学期が始業になったら、ベナン国が取り持ってくれた新しいエアコン、子どもたち、驚くかな?

一つ一つの縁を大切に。浜田まさよし、進めます! 

[No.1101]ハマダレポート Vol.70  ー終戦記念日に誓う!ー

ハマダレポートVol.70 2011.8.15

ー終戦記念日に誓う!ー

本日は66回目の終戦記念日です。焼け野原となった日本が、諸先輩の汗と涙でこのように復興を遂げることができました。

そして、今、3.11の東日本大震災。このような国難のなかにあって、今こそ政治の責任が問われなければなりません。

公明党の立党精神は「大衆とともに」です。今、被災地では、自分の家が津波で流され、又、避難所で生活しながら、政治の基本に汗を流す地元議員が数多くいます。

原発被災地域のある議員は病に倒れてしまいました。それでも「大衆とともに」「被災者のために」。彼の戦いは続きます。

公明党の底力、それは「ネットワーク力」です。私自身、党の原子力災害対策の事務局長として、毎月1回、現地に入り、被災者から、地元議員からの声を政府与党に、国会に、届けさせていただいております。

今回の原発事故に対する政府の対応、国が全く前面に立とうとしなかった。

もはや、政府与党の対応を待っていられない」そういう思いから、公明党が中心となって、野党5党で「仮払早期救済法」を議員立法。なんと55年体制に今の国会がなって以来、参議院・野党だけで提案し、成立させたという、国会史上初めての法律となりました。

政府与党が、既存の発想から抜け出せないのであれば、大胆な提案を野党が行う。今こそ、本当の意味での「政治主導」が求められています。

終戦記念日に当たり、真の意味での「政治主導」を皆様にお誓いし、浜田まさよし、進みます!

[No.1100]ハマダレポート Vol.69 ー郵便局に関する小さな声もカタチにー

ハマダレポートVol.69 2011.8.8

ー郵便局に関する小さな声もカタチにー

「小さな国民の声にも誠実に対応」 7月19日、うれしい記事が公明新聞に掲載されました。

相模原市中央区の支援者から、現金封筒にA4サイズの用紙が入らず使いにくいとのメールを我が事務所に頂き、実は同じ20円で大型の現金封筒があったことをお知らせさせていただいたという「小さな出来事」に対する喜びのお声です。

また、昨年、同じ中央区虹吹地区の自治会の皆様から、地区内に3年前まであった郵便ポストが撤去され、340世帯の皆様がご不便されているとの声を頂きました。

何度も交渉を重ね、さらに、ネットワーク政党公明党。地元米山市議とともに日本郵政相模原支店へ直談判。ついに先月、再設置が決まりました。

昨年5月、選挙のさなか、横浜市港北区のある婦人からのお声。

ご病気のご主人の代わりに奥様がご主人名義の簡易保険(満期)を請求。局員から代理で行わなければならない事実報告書の記載を求められたが、記載例がなく本当に大変だったとの苦労談です。

かんぽ生命に確認したところ、「事実報告書」はお客様からの依頼があれば郵便局の端末から記載例と用紙が打ち出せるとわかり、以後、各郵便局に周知徹底を要請しました。

ひつこい(?)のが、公明党。1年経って確認したらなんと未だ対応していない! 再度強く要請し、本年10月から高齢者の方でも簡単に記入できるよう事実報告書のフォーマット自体を見直しすることに。

民営化の成果が未だ徹底されていない郵便局。まして、もう一度「国営」にすると言う国民新党・民主党は言語道断です。

小さなことから一歩ずつ、浜田まさよし、進めます!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP