[No.1132]ハマダレポート Vol.85 ー11月のうれしいお知らせ3題ー

ハマダレポートNo.85 2011.11.28

ー11月のうれしいお知らせ3題ー

一つ目は、日本獣医師会会長からの御礼です。

ハマダレポート Vol.72 でご紹介したように、福島県の警戒区域内に家畜が放置され、一部餓死しているという悲惨な状況がありました。

獣医師会とともに、8月に農林水産省に緊急要請。被ばくした家畜を圏外の牧場に移し、被ばく医療のための研究対象にという現場の声を届けるためでした。

その時とても消極的だった民主党の政務官を一喝(?)したのがよかったのか、11月から農水省が、牛の血液や尿と体内汚染との関係を研究するプロジェクトの公募を始めたというご報告です。

また、南相馬市で北里大学や帯広畜産大学などが中心となって、牛のどの部分にセシウムがたまりやすいか、どのような期間でそれがなくなるかという研究も始まりました。

「世のために寄与できれば動物たちにとっても本望だニャ」と、我が家のニケも言って(?)います。

二つ目はハマダレポート Vol.69でご紹介した相模原中央区虹吹地区で3年前に撤去された郵便ポストの件。11.18に再設置され、ご友人が一番乗りで投函されたとのこと。おめでとうございます。

三つ目は映像です。

サポート級からの進学でお母さんとともに悩んでおられたAくん。通信制県立高をご紹介し、持ち前の努力で合格され、この夏に体験発表をされたことはハマダレポートVol.73 でご紹介しました。

先日、地元で参加した衛星中継。なんと、その画面に高等部代表として笑顔で「紅の歌」を合唱するAくんのアップが!その堂々とした歌いぶりに、息をとめて見てしまいました。

うれしいお知らせを次々頂き、元気百倍。浜田まさよし、進みます!

 

 

[No.1131]予算委員会で野田総理と初論戦!

 

参院予算委員会 浜田質問20111121.jpg 11月21日、参院予算委員会で締めくくり総括質疑に立ち、野田総理と初論戦を行いました。

 環太平洋連携協定(TPP)問題に関して、「手の内を明かさない」という外交戦術よりも、不安を抱く国民への説明責任を重視すべきと主張するとともに、中国やインドとの連携を目指すASEANプラス6を促進することによる対米交渉力強化を野田総理、安住財務大臣に求めました。

 特に、野田総理が先般、国会答弁で唐突にトィンビー博士の一説を引用した件ついて、むしろ、中国とアメリカとの間における日本の役割を期待した同博士の主張をしっかり学び直すよう指摘しました。

また、原発事故の精神的損害や自主避難者への支援に、自ら議員立法した原発賠償仮払い法が定める基金を活用するよう中川文科大臣、枝野経産大臣に主張。野田総理から「地元の要望を受け止めながら必要な措置を行う」との答弁を得ました。

 

 

[No.1130]ハマダレポート Vol.84 ー「人間の条件」とTPPー

ハマダレポートNo.84 2011.11.21

ー「人間の条件」とTPPー

この夏6夜連続で、超大作「人間の条件」がNHKのBSで放映されました。

原作は五味川純平。高校時代に読んだ「日本映画百選」で主人公の梶(かじ:仲代達矢)の壮絶なラストシーンの写真が記憶にあり、いつかは観てみたいと思っていたものです。

太平洋戦争末期、満州の鉱山会社に勤務した反戦意識の高い梶青年が、理想に燃え、中国人捕虜を「人間的」に接しようとしながらも、中国人からも日本人からも理解されず逆に憲兵ににらまれ、国境周辺の兵役送りに。

ソ連の参戦で日本はあえなく敗走するなか、理想視していたソ連兵による婦女への暴行を目撃。日本人女性を守るために自ら投降した梶は、捕虜収容所での形だけの「民主化」に、ついに収容所を脱走。

シベリヤ原野で「妻の元へ」と繰り返しつつ凍死していくというラストシーンでした。

軍隊での「不敗神話」、労働運動での「民主化」。そのようなイデオロギーでは決して人間を幸せにするには十分ではなかったという歴史的現実・・・。

一方、民主党政権、「TPP」で混乱しています。「アジア太平洋の成長」「農業・伝統を守る」・・・。

「言葉」だけが飛び交っていますが、常に座標の中心におくべきものこそ「現実の人間」。

それが政治家としての「人間の条件」と肝に銘じ、浜田まさよし、本日、参議院予算委員会で野田総理との初対決に臨みます!

[No.1129]認知行動療法について厚生労働省に申し入れ

認知行動療法厚労省申入れ20111118.jpg11月18日、公明党うつ対策ワーキングチーム(WT)事務局長として、推進してきた認知行動療法について、保険適用の拡大について厚生労働省に申し入れを行いました。

平成22年4月から保険適用になり、その6月には全国で約1.6万人が保険適用で利用され出しましたが、「近くで受診できる診療所がない」とのご批判も頂いてきました。


一方で、カウンセリング技法に十分精通していない医師からの保険請求がなされているとの指摘もありました。


この分野の第一人者である慶応大学大野先生とも相談し、先ずは、認知行動療法を適切に実施できる人材育成作りに取り組み、その拠点となる「認知行動療法センター」が本年6月に東京の国立精神神経医療研究センター内に設置され、研修やスーパービジョン(適切に認知行動療法が実施できるまでには30?40時間の実技指導が必要と言われています)を修了した、精神科医、看護師、心理職などをと輩出できる体制を築くことができました。

次は、診療報酬の再改訂です。
現在は、医師自身が30分以上のカウンセリングを実施しないと保険適用とならないため、「それでは多くの患者さんに対応できない」と敬遠する医師が多いと聞いています。
これについては、精通した医師の下で研修・スーパバイズを受けた看護師や心理職が認知行動療法を行う「チーム医療」の場合でも保険適用になるよう、公明党として、24年度改訂で行うよう、要望書を厚生労働大臣宛てに提出しました。

[No.1128]ハマダレポート Vol.83 ーNGOと連携して核廃絶を推進!ー

党・核廃絶推進委員会20111107.jpg

ハマダレポートNo.83 2011.11.14

ーNGOと連携して核廃絶を推進!ー

10月21日、核廃絶を進めるNGO・ピースボートの川崎代表からメールが入りました。

ニューヨークで開催されている国連総会第一委員会で、核廃絶に関する重要な提案がなされており、日本政府に賛成するよう働きかけて欲しいという内容です。

これは、オーストリア、メキシコ、ノルウェーからの提案で、核兵器のない世界へとつながる作業部会を設立する検討を来年の国連総会で行おうとするもの。

背景は、ジュネーブの軍縮会議の停滞です。65ヶ国の全会一致方式をとっているため、パキスタンや北朝鮮が反対すれば全てストップという状況。

公明党が推進し実現した、対人地雷やクラスター弾の禁止条約も、実はジュネーブ軍縮会議の外で、NGOと連携した多数決・多国間交渉で実現したものです。

週明けの24日、座長を務める党の核廃絶推進委員会として、外務省に申し入れ。さらに、28日の参議院の委員会で玄葉大臣に直訴し、「賛成をするように指示した」と、外務大臣が投票前に賛否を明らかにする異例の答弁!

10月31日、結果としては、核兵器国を含め支持が拡大せず、今回は採決を行なわないこととなりましたが、「日本は大臣が国会で賛成を表明」と、ニューヨークでは多くの国・NGOから我が国の対応が高く評価されました。

「まさに公明党のおかげです」と外務省。川崎代表とは「来年は、日本も提案国となって採択させよう!」と決意を新たにしました。

NGOと連携し核廃絶へ、浜田まさよし、進めます!

(写真は外務省及びNGOと意見交換した11月7日の核廃絶推移新委員会)

[No.1127]ハマダレポート Vol.82 ー「声」を上げてこそ正義の証明!ー

ハマダレポートNo.82 2011.11.7

ー「声」を上げてこそ正義の証明!ー

昨年12月、鎌倉の壮年支援者の方からFAXが入りました。

その年の2月に発刊された、作家の澤地久枝さんとアフガニスタンで用水路建設に取り組んでおられる中村哲医師のとの対談集。私が参議院の外交防衛委員会で「悪意ある」質問をしたと書かれてあるというのです!

全くの「寝耳に水」。本を取り寄せて該当部分を読んでみました。

2008年11月の委員会の3ヶ月前、伊藤和也さんが反政府武装勢力タリバンに拉致され、その後殺害されるという悲惨な事件がありました。

「なぜ、こういうことが起きるのでしょう。伊藤さんの死を無にしないためにどう改善すれば良いのか」と中村医師の意見を求めたのが私の質問。

この質問が、澤地さんにとって、「あなたの言うとおりなら、伊藤さんが殺害されるわけがない、矛盾していると言おうとしている」のが「本心」(?)として「悪意」というレッテルを張られたのです。

相手は「著名」な作家と岩波という「立派」な出版社。いまさら文句を言ってもどうなるのか・・・。

しかし、澤地さんがそのように感じられたのあれば、何故、私に直接取材していただけなかったのでしょうか?私は意を決し、「声」を上げました。

翌年1月に、「悪意」「本心」と表現された根拠についての質問状を内容証明で送付。1週間後に、澤地さんから回答になっていない回答を受け取った私は、即座に、「名誉回復のための修正」を配達証明で要求。

その後、先方の代理弁護士との交渉の末、ついに本年9月15日発行の第14版から「悪意」「本心」といった表現は全て削除したとの連絡を先月受けました。

岩波の担当者によれば、作家がこのような要請に応じるのは「前代未聞」とのこと。

「声」を上げてこそ正義、何よりもご心配頂いた支援者への報恩。浜田まさよし、心して進みます!

 

[No.1126] 核廃絶国会議員パネルディスカッションに出席

浜田先生.JPG11月5日、さいたま市で、核戦争に反対する医師の会主催の国会議員パネルディスカッションに出席しました。

テーマは、核兵器禁止条約、東アジア非核地帯構想及び我が国の非核三原則についてです。

核兵器禁止条約については、2010年のNPT再検討会議で言及されたことは第一歩ですが、今後2015年の次回までにどう進めるかが課題です。

私からは、今般国連第一委員会で議論になった「多国間核軍縮を推進する」決議について言及。

残念ながら採択に付されませんでしたが、私の10月29日の質問で玄葉外務大臣が「賛成を指示した」と異例の答弁。

よって、来年は我が国も提案側に加わり、非同盟国への賛成拡大に取り組むべきと述べさせていただきました。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP