[No.1293]ハマダレポート Vol.137ー元祖「中道主義」は公明党!ー

ハマダレポート Vol.137 2012.11.26

121126 桜木町駅前街頭演説.JPGのサムネール画像

ー元祖「中道主義」は公明党!ー

11月1日の民主党政策責任者会議。細野政調会長が急に「民主中道」と言いだしたとのこと。

背景には、石原新党や安倍自民党が保守色を強める中、その差別化を図ろうとする選挙対策?

一方、野田総理は8日、首相公邸での民主若手との会食の場で、「中道という言葉を使えと言われているが使いたくないんだ・・・。」とこぼしたとも!

「使いたくなければ、選挙目当てで一切、使うな!」と言いたい。

公明党は元祖「中道主義」の政党であることは、どのマスコミも認めています。

1994年に決定された公明党綱領にこうあります。

「いかなる主義・主張であれ、機構や制度、科学や経済であれ、それらはすべて人間に奉仕すべきであります。これが、<生命・生活・生存>を柱とする公明党の人間主義=中道主義の本質です。」

つまり、「中道」とは、右と左の真ん中という意味ではなく、人間自身の幸福な生存こそ目的とする「人間主義」の異名なのです。

ここに、「命を守る」公明党、「大衆とともに」の公明党の原点があるのです。

「ご都合主義」の民主党はなんと、環太平洋連携協定(TPP)を急に「選挙争点」に!

野田総理は昨年11月、「更なる情報収集、十分な国民的議論、あくまで国益の視点で判断」と繰り返してきましたが、一体それがどれくらい明らかになったのでしょうか?

先週より毎朝桜木町駅前で、週末は川崎、鶴見、横浜西口、東戸塚で街頭をスタート。

昨日は保土ヶ谷でご挨拶にお伺いさせて頂き、行く先々で多くの方に声をかけていただきました。

「TPP」「中道」「第三極」・・・・。いろんな言葉が今後も飛び交うでしょうが、元祖中道主義、元祖第三極、その誇りを胸に、浜田まさよし、候補者になった決意で訴え続けます!

 

 

 

[No.1292]11/24横浜駅西口街頭演説

121124 横浜駅西口街頭演説.JPGのサムネール画像11月24日朝から、鶴見駅、横浜駅、東戸塚駅で、古屋範子、石毛ひろゆき両予定候補とともに街頭演説をさせていただきました。

・今回の選挙の争点は何でしょうか。反消費税、反原発、反TPPという政党も。

・これらも重要な判断軸ですが、もっと重要な、より根本的な判断軸。

・それは、「政権担当能力」がある政党、ある候補者はだれか、ではないでしょうか。

・今回の選挙の判断軸、1.3年3カ月の民主党政権の問題点を総括し、しっかり反省する。2.その反省に立って「真の政権担当能力」のある政党・候補者をお選びいただく、3.「日本再建」を来年1月からスタートが切れるかどうか、が問われています。

第2の争点それは経済政策です。どの世論調査も有権者が各政党に望む政策の第一に挙げています。

・公明党山口代表は、22日(木)10兆円の緊急経済対策を発表させていただきました。1.景気の下支え(エコカー補助金の復活、住宅リフォーム補助の新設、防災減災ニューディールでデフレギャップ解消を金融政策と一体で)、2.未来を創る(IPSなど日本初の再生医療産業の育成、再生可能エネルギー・省エネで2030年までに120兆円の投資で150兆円の省エネメリットを生みだします)、3.地域と雇用を守る(中小企業を守る、非正規労働者の処遇改善、地域の活性化)の3本柱です。

・「具体的な景気経済対策がある」のは公明党!

・第3の争点は「地域に根差し国政を動かす政党」はどこか。社会保障は国、県、市の連携がなければ将来像を描くことなどできません。

・「政権担当能力がある」「具体的な景気経済対策がある」「地域に根差し国政を動かす」公明党を!と皆様に訴えさせていただき、街頭演説とさせていただきます。

[No.1291]11/23武蔵溝の口駅前街頭

121123 溝の口駅前街頭.JPGのサムネール画像11月23日、川崎市溝の口駅前で、古屋範子、石毛ひろゆき、両予定候補と共に街頭演説させていただきました。

・所詮、政治は「人」です。皆様がお選びいただく候補者が、政治の合意形成の労作業に耐えうる候補者か否か、しっかりご判断いただきたい。過去2回の衆議院選挙。「小泉チルドレン」「小沢が―ルーズ」という言葉ができてしまいました。今回は「なんとかベービーズ」という言葉が生まれないような賢明な皆様の選択をお願いしたいと思います。

・我が党の南関東ブロックの予定候補者、素晴らしい実績です、人柄です。

・古屋範子予定候補。既に衆議院3期9年の実績があります。発達障害者支援法、高齢者虐待防止法、「心の病」うつ対策。さらにはIPSから再生医療の推進へ。胆道閉鎖症早期発見のための便色カード全国拡大。まさに厚生労働分野でのエキスパートです。また、公明党には1000名の女性議員がいます。女性委員長として、出産育児一時金や児童手当拡充、子育て政策。皆様の声をカタチニしてまいりました。さらに、3.11の大震災。避難所には女性が着替える場所がない、赤ちゃんにミルクをあげる場所がない。女性の視点からの総点検、進めているには古屋範子です。

・今回初挑戦させていただく石毛ひろゆき予定候補53歳。これからの公明党の担っていくホープです。公明新聞で論説担当部長として、正義の論陣を張ってまいりました。我が党の伝統、公明新聞記者として、現場を走り回り、世論を作るその経験をした政治家を擁していることです。太田あきひろ議長、井上幹事長、赤松正雄、長沢ひろあき参議院議員。新聞記者から正義の政治家へ。公明党の伝統を受け継ぐのが石毛ひろゆきの出番です。

[No.1290]11/22桜木町駅前街頭ー日本維新の会・石原代表の核保有発言!

121122 桜木町駅前街頭☆.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像本日も、桜木町駅前での朝の街頭です。20日、日本維新の会・石原代表が日本外国特派員協会での講演で、日本も核兵器についてのシミュレーションを行ったほうが抑止力につながる、と我が国が核兵器保有を容認するような発言を行ったと報道されています。
もはや都知事ではなく、外交にも責任を持つべき公党の代表の発言としては耳を疑います。
しかも、外国特派員協会という我が国の情報を世界に発信すべきところでわざわざ行ったっとのこと。
橋下大阪市長は、「石原総理を見てみたい」とおっしゃいましたが、このような発言をする人が日本国の総理として適任なのでしょうか。
国民の適切な判断を願うばかりです。

[No.1289]上田いさむ事務所開きで選対本部長としてご挨拶

11月21日、上田勇事務所(二俣川駅前)の事務所開きが行われ、選挙対策本部長としてご挨拶をさせていただきました。

33か月前の衆議院選挙。「政権交代」という4文字が踊りました。上田勇の実績も、温かな人柄もかき消してしまいました。上田勇にとって、初めての苦杯でありました。

・試練は、人を強くするものです。さらに上田は強く育てていただきました。踏まれた麦はさらに強くなるのです。また、試練は、人を優しくするものです。冬の厳しさを知っているからこそ、春の暖かさ、有難さがわかるのです。

・この33カ月、保土ヶ谷・旭区の皆様の下のお一人お一人のお声を伺っていまいりました。上田本人だけではありません。奥様も、家族皆様の戦いがあったのです。

・臥薪嘗胆、33カ月。いよいよ、その雪辱の日がやってきたのです。

 ・本日は、友党自民党から、菅県連会長はじめ、松本先生、小此木先生もご臨席を頂いて入ります。これまでも、上田勇を支えていただいてまいりました。本当にありがとうございます。

・しかし、戦いの本番はこれからです。公示まで13日、公示から12日。

・なんとしても、友党自民党の皆様と、政権奪還を果たさなければならない。まさに、日本再建、一刻の猶予も許されません。水ぶくれの民主党予算を組み直し、日本がデフレ脱却を果たせる大型補正予算、上田勇出番です。

・皆様には、年末の本当にお忙しい中かと思いますが、選挙は投票箱がしまるまでと言います。

・何があっても断固勝つ、そのことを合言葉に、本日より25日間、皆様のご支援をお願いし、選対本部長としてあいさつとさせていただきます。

[No.1288]11/20原発立地議会サミットでご挨拶

12112015 原発立地議会サミット.jpg 1月20日、都内で行われた、第8回全国原子力発電所立地議会サミット(主催=全国原子力発電所立地市町村議会議長会)に出席し、あいさつさせていただきました。

 私からは、東京電力福島第1原発事故後、公明党が現場目線から、賠償金仮払い法や福島復興再生特別措置法の成立などをリードしたことを強調させていただきました。

 また、原発の新規着工を認めず、40年運転制限制を厳格運用して、可能な限り速やかに原発ゼロの原発政策に触れ、「重要なのは原発をゼロにするという結論を議論するのではなくて、そのプロセスだ」と主張。原発立地地域の経済や雇用のほか、電力料金などの多くの課題をしっかり議論していく必要性を訴えさせていただきました。

[No.1287]11/20桜木町駅前街頭ー地域政党の「志」とは!

20121120桜木町駅前街頭.JPG11月20日、昨日に続き、桜木町駅前で朝の街頭をさせていただきました。

今回の衆議院選挙、比例投票先の政党数が過去最高。

解散時は15党であったのが、石原新党と維新の会が合併して一つ減る(もともと減税日本も合併するはずが結局解消)?

また、民主党の山田元農相が亀井元国民新党代表と長?い名前の新党を作るとか作らないとか・・・。

個人の動きもよくわかりません。長崎の小選挙区の民主候補が東京でみどりの風から出るとか、民主党の山梨1区の大臣経験者が維新の会から出ると言って、地元地方議員から「敵前逃亡!」と言われている始末。

極めつけは、大阪のある選挙区の民主党現職議員はなんと自民党から出馬する? その背景は、元いた自民党現職議員が維新の会から出馬するからだそうです。

「地域の声を国政に」が地域政党の本旨ではなかったのでしょうか。それが、簡単に国がえし、地元から「敵前逃亡!」とののしられる姿には、その志は全く見えません。

浜田まさよし、皆様の声をカタチに! ネットワーク政党の底力を発揮します!

[No.1286]ハマダレポート Vol.136 ー衆議院解散!問われる「真の政権担当能力」ー

20121119桜木町駅前街頭.JPGハマダレポート Vol.136 2012.11.19

ー衆議院解散!問われる「真の政権担当能力」ー

11月16日、ついに野田総理は衆議院を解散しました。

10月の3回目の内閣改造も、田中・田中問題(慶秋、真紀子)で、国民から全く評価されず、8月8日の3党合意「近いうちに信を問う」との国民に約束から3か月を超え、民主党内の「野田降ろし」に耐えきれずの解散・・・・。

12月4日公示、16日投開票。そして、12月25日からの特別国会で新たな首班指名が行われる予定です。

米国ではオバマ大統領が再選され、中国では習近平氏が総書記に就任。12月には韓国大統領選も。我が国の緻密な外交手腕が問われています。

円高・デフレの中で経済対策も新政権の課題。1月からの通常国会冒頭で、民主党政権で8兆円も膨れ上がった予算を減額し、適切な景気対策に振り向ける補正予算の編成も緊急です!

「遅い、鈍い、心がない」と言われた震災復興対策。「血が通った」見直しが望まれています。

前通常国会で成立した、社会保障と税の一体改革。軽減税率や医療・介護の将来像。きめ細かな具体策の検討はこれからです。

まさに、地域の皆さまに根を張ったネットワーク政党、公明党。国会で「現場発」の「合意形成」をリードし、「ブレない」「スジを通した」とご評価いただいてきました。

「日本再建」に向け、「真の政権担当能力」をご評価いただく、いよいよ衆議院選挙。浜田まさよし、自分自身が候補者になった決意で、毎日街頭で訴え続けます!

 

 

[No.1285] 知的財産制度に関する議員懇話会開催

121114 知財懇話会.jpg11月14日、幹事長を務める党の知的財産制度に関する議員懇話会として、日本弁理士会の奥山尚一会長と日本弁理士政治連盟の杉本勝徳会長代行らから、弁理士制度の見直しなどに関して要望を受けました。
席上、奥山会長らは、知的財産権をめぐる国際競争の激しさを説明した上で「弁理士の国際的活動を十分に支援できる制度の構築を」などと強調。業務範囲の見直しなど、法律上の弁理士の社会的役割明確化などを要請しました。

斉藤会長からは「しっかりと取り組む」と応じさせていただきました。

[No.1284]ハマダレポート Vol.135ー核兵器の非人道性を世界に発信するー

ハマダレポート Vol.135 2012.11.12

ー核兵器の非人道性を世界に発信するー

10月18日、急きょ、座長を務める公明党核廃絶推進委員会として外務省に緊急申し入れを行いました。

前日の深夜、ニューヨークからの国際電話。国連総会・第一委員会で訪米しているピースボート川崎代表からです。

「スイスなどが核兵器の非人道性につての共同声明を出そうとしているのに、日本政府がこれに参加しようとしない。なんとかならないか・・・・」NGOの方々の悲痛の叫びです。

早速、翌日に、1.国連総会・共同声明への参加、2.来年3月のノルウェーでの核兵器の非人道・国際会議へ積極的貢献、3.2014年軍縮不拡散外務大臣広島回会合での特別アピール発信、の3項目を外務省・軍縮部長に申し入れました。

さらに次の19日。閉会中にかかわらず、参議院行政監視委員会で谷合参議院議員がその返答を迫るために緊急質問。

答弁に立った、民主党の風間外務大臣政務官は、2.3.については、公明党の要請に応えたいとしながらも、1.の共同声明については、「我が国安全保障政策と一致しない」として拒否したのです!

 共同声明にある「核兵器を非合法化するためにさらなる努力を強化する」との文章が、米国の核の傘の中にいる我が国の防衛大綱と一致しないという、全くの「役人の論理」。

これが民主党の「政治主導」の現実です・・・・。

このような我が国・民主党政権の「ていたらく」を、世界に発信すべく、10月27日付け、ジャパンタイムズに英語で特別寄稿。

IAEAなどの国際機関のホームページで紹介されたほか、28日の国連軍縮週間シンポジウムで配布され、公明党の素早い対応にNGOの皆さまから高く評価を頂きました。

核兵器の悲惨さを世界に発信。浜田まさよし、叫び続けます!

Japan Times 寄稿文  1211Aim for nuclear disarmament 和訳 2012 11 11.doc 

 CTBTOホームページ

 IPSジャパン記事

[No.1283]日本自家醸造推進連盟から要望ヒアリング

121109自家醸造推進連盟.jpg 11月9日、日本自家醸造推進連盟の山中貞博会長らから、手造りビールなど自家醸造の解禁に関する要望を受けました。

 斉藤鉄夫税制調査会長、石井政務調査会長らが同席しました。

 席上、山中会長らは、酒類の自家醸造について「先進国で禁じている国はなく、G7では日本だけだ」と強調。さらに「法改正の必要もなく、通達で確認するだけで解決する」として自家醸造の解禁を訴えました。

[No.1282]党いじめ問題等検討PTで水谷修氏講演

121105 いじめ問題等PT.JPG 11月6日、党「いじめ問題等検討プロジェクトチーム」で、いじめ問題への対応について、高校時代の同級生でもある"夜回り先生"こと水谷修氏から講演を聞きました。太田昭宏全国代表者会議議長らが出席しました。

 席上、水谷氏は「たたく。お金を強要する。けがをさせる。あるいは『死ね』と言う。これは学校教育という文部科学省の管轄で扱える問題ではない」と指摘。刑法犯について警察との連携を訴えるとともに、文科省が示すいじめの定義の早急な見直しを主張しました。

 また「いじめは人権侵害だという観点が文科省から抜けている」と指摘。法務省が人権侵害の規定の中に、いじめを入れたことに触れ、法務省の人権擁護局の活用を提案しました。

 一方、水谷氏は、いじめられた子には何の問題もないが、いじめた子も理由なくいじめはしないと述べ、「いじめは、われわれの社会がつくり出してしまった社会現象だ」と訴えました。

[No.1281]ハマダレポート Vol.134ー無責任な野田総理に緊急質問で喝!ー

121102 参院本会議緊急質問.jpgハマダレポート Vol.134 2012.11.5

ー無責任な野田総理に緊急質問で喝!ー

11月2日の参議院本会議。野田総理の問責決議について公明党を代表し、緊急質問を行いました。

震災からの復興の遅れ、原発事故対応に象徴される危機管理能力の欠如、外交・安全保障政策の迷走、マニフェスト総崩れなど、野田内閣に政権担当能力がないのは全野党の共通認識。

当然の帰結として、国権の最高機関の国会の一院から受けた問責決議可決。

過去、問責可決を受けた、福田総理、麻生総理はじめ、全ての閣僚は、参議院では登壇されず、その院の重い意思に全て「行動」で恭順の意を表してきました。

ところが野田総理、11月1日付けで平田参議院議長あてに、「深く肝に銘じ、重く受け止めている」「反省すべくは反省する」という、たった4行のワープロ打ち文章を送付してきただけ!

国会で質問されても、この浅薄な「決まり文句」を何十回と繰り返すだけ、あきれてモノが言えません。「責」任が「問」われているのに、このような「無責任」な対応が国会を空転させているのです。

「姑息な経済対策で本来増やさなくて済んだ赤字国債を増やし、原子力規制委員会の同意人事も党内分裂を恐れて先送り・・・・・」。

「国政に対する責任よりも、党内事情を優先し、政権の延命に汲々(きゅうきゅう)とする、それこそが総理問責の理由であることに、まだ気付かれないのですか」と、またも目の前の野田総理を一喝!

「速やかに国民に信を問い、新政権で来年度予算編成を行うことこそ、最も効果的な経済対策」

日本再建のため、浜田まさよし、さらに野田政権を追い込んでいきます!

質問要旨

 

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP