[No.1234]ハマダレポート Vol.141ーこの一年に感謝、明年も全力で「寄り添う」復興を!ー

ハマダレポート Vol.141 2012.12.31

ーこの一年に感謝、明年も全力で「寄り添う」復興を!ー

本日は大晦日。この1年、皆様の声援に元気づけられて今年も終えることができ心から感謝です。

政権交代後の「新年」。「政治が変わった」と皆様にご評価いただける「スピード」と「きめ細かさ」が必須です。

そのような中で安倍内閣の復興副大臣を拝命! 原子力災害を担当し、1月から福島に常駐します。

「要求、やっと報われた」 12月17日付け公明新聞スポット記事の見出しです。

鈴木宏二さん(仮名)は3年間の海外赴任から帰国辞令を受け、福島県郡山市に戻ったのが3.11の1週間後。

実家の修繕費のねん出や中学生の娘さんの放射能健康影響に不安を抱えた生活を余儀なくされるなど本当の苦労をされたとのこと。

そんな中で公明党が勝ち取った福島県民の精神的損害賠償、子ども40万円、大人8万円。なんと東京電力は、「3.11時点で住民票がない人には払えない」「国の賠償審査会の決定です」の一点張り・・・。

鈴木さんのように3.11直後に福島県に「転入」している人は約5千名。ちょうど4月は転居のピークだったのです。

「好きこのんで福島に転入してきたのではない。なぜわれわれだけが切り捨てられるのか」 そのやりきれない思いを地元市会議員・県会議員を通じて今年の4月にお聞きしました。

早速、政府の損害対応室・「原子力損害賠償紛争解決センター」(原発ADR)に掛け合い、和解が成立。ついに11月に満額払込まれたそうです!

多種多様な賠償案件にどう対応するか、「寄り添う」復興対策。

自分自身の壁との戦いととらえ、浜田まさよし、被災地の皆様と少しでも苦楽を共にさせていただき、明年も全力で進めてまいります。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

 

[No.1233]大臣と共に福島県知事にご挨拶

20121228 chijimenkai.jpg平成24年12月28日

根本大臣から「福島担当の命をいいただき、すぐに大臣と共に福島にご挨拶お伺いしました。

大臣からは、農業再生のための基金や、地震津波と違った原発災害としての支援パッケージに向けての決意が述べられました。

また私が福島に常駐することもご紹介いただき、「スピード」と「きめ細かさ」の両立に向けた決意を述べさせていただきました。

その後、福島復興局にもお伺いし、ご挨拶をさせていただきました。

[No.1232]公明党から復興庁への補正予算要望

20121228 yoobou.jpg平成24年12月28日

公明党復興本部・防災部会から、補正予算についての緊急要望をいただきました。

根本大臣と共にお受けいたしました。

まさに副大臣としての最初の仕事。

公明党と復興庁の橋渡し、全力を尽くします。


[No.1231]復興庁で副大臣就任会見

20121228 kaiken.jpg平成24年12月28日

根本大臣から、原発震災と地域駐在としては福島復興局及び茨城復興事務所を命じられました。

1月から福島常駐となります。

大臣をしっかり補佐し、他の副大臣、政務官としっかり連携して、復興再生を進めて参ります。

[No.1230]復興副大臣を拝命!

副大臣就任記念撮影 官邸 20121227.JPGのサムネール画像のサムネール画像
12月26日の首班指名・組閣により発足した安倍内閣において、復興副大臣を拝命しました。
皇居松の間で天皇陛下から「重任ご苦労に思います」とのお言葉をいただき、一人ひとり認証をいただきました。
 安倍政権の最重要課題の一つが被災地の復興であることは明らかです。
 その後すぐに開催された副大臣会合において、安倍総理、菅官房長官から、副大臣としての心構え等について、種々指導を受けました。
 復興対策として求められているのはスピードときめ細かさ。
「寄り添復興」に全力を尽くします。

◇副大臣就任記念撮影
 官邸 12月27日
(1列目左から2人目が安倍総理、3人目が菅官房長官。3列左端が浜田です。)




[No.1299]中小企業活性化対策本部・経産部会合同会議

20121227 経産部会 中小企業活性化対策本部 ★.jpg
 12月26日、事務局長を務める党の小企業活性化対策本部は経済産業部会と合同会合を開き、中小企業支援策について中小企業庁の鈴木正徳長官らと協議した。
 冒頭のあいさつで白浜本部長は、25日に自民、公明両党が交わした連立政権合意に言及。
 公明党の強い主張で今年度補正予算の編成では、地域、中小企業に配慮する方針が盛り込まれたとして、補正予算に盛り込む中小企業支援策の議論を急ぐと強調した。
 鈴木長官は、来年3月末に期限切れを迎える中小企業金融円滑化法の利用者のうち事業再生が必要な利用者が約5~6万社にも上るとして、「中小企業の事業再生は待ったなしの状況」と報告。
 公明党のリードで始まった「資金繰り円滑化借換保証制度」の拡充などの必要性を主張しました。

[No.1298]党復興・防災部会で補正予算について審議

20121225 党復興・防災部会.jpg
 公明党の復興・防災部会(石田祝稔部会長)は12月25日、衆院第2議員会館で、復興予算をめぐり復興庁と意見を交わしました。
 冒頭、井上幹事長は「東日本大震災からの復興、福島の再生が一日でも早く進むよう、しっかりと取り組む」とあいさつ。
 復興庁側は、来年度予算における復興予算の概要を説明。また、復興予算の流用問題対策に関して、全国の防災・減災事業に活用する全国防災対策費は、津波対策や学校耐震化に限定し、厳しく絞り込んで予算計上することを強調した。今年度補正予算での復興の加速についても準備を進める考えを力説しました。

[No.1297]ハマダレポート Vol.140ー子どもたちにクリスマスプレゼント!ー

ハマダレポート Vol.140 2012.12.24

ー子どもたちにクリスマスプレゼント!ー

今日はクリスマスイブ。プレゼントを楽しみにしている子どもたちも多いことと思います。

くじけても「再チャレンジ」できる社会へ。今年も浜田まさよしから「夢」をまた一つを届けることができました。

9月1日の公明新聞に掲載されたKさん親子の体験。高校中退を余儀なくされたお子さんが高卒程度認定合格者の奨学金利用実現で見事海外の大学に進学されたことは、ハマダレポートVol113でご報告させて頂いたところです。

その際、コメントさせていただいた高卒認定の国家資格受け入れ拡大について、また一歩進展があり、明年1月から4月にかけて順次省令改正されることに!

国家資格には高校卒業を「受験資格」としているものと「選任資格」としているものがあります。

例えば、労働安全衛生法の作業環境測定士などについては、「受験資格」として高卒を求めていましたが、本年2月の質問主意書で認定試験合格者を「高卒」とみなすことを勝ち取りました。

しかし、「高卒」プラス実務経験何年という、「選任資格」として高卒を指定しながら、認定試験を同等としていない国家資格が未だ数多く存在。

9月の質問主意書の回答で、経済産業省のボイラー・タービン主任技術者やダム水路技術者、厚生労働省の安全衛生推進者などで「中卒」扱いから「高卒」扱いとなり、必要となる実務経験年数が最大6年も短縮。

また、「高卒」以上が求められていた食品衛生管理者、安全管理士、衛生管理士などでも「高卒」扱いとなり、認定合格者の資格取得の道が開かれました。

併せて、「国家資格においては、特段の事由がある場合を除き、認定試験合格者を高卒と同等と扱うよう検討するとともに、その周知に努める」との閣議決定!

公明党が推進してきた「高卒程度認定試験」。高校中退した子どもたちを中心に約1万人が毎年合格しています。

その子どもたちの枕元の靴下に「夢」が詰められますように! 「再チャレンジ社会」へ願いを込め、浜田まさよし、進んでいきます!

 

 

 

[No.1296] ハマダレポート Vol.139ー衆院選勝利を頂き、「日本再建」へ!ー

ハマダレポート Vol.139 2012.12.17

ー衆院選勝利を頂き、「日本再建」へ!ー

12月16日、第46回衆議院選挙が実施されました。公明党として小選挙区9議席完勝、比例1議席増で計31議席の大勝利を勝ち取ることができました。

公職選挙法の規定により、御礼の言葉をメール・インターネットで公開できませんが、代わりに「日本再建」に向けての決意を述べさせていただきます。

12月26日からと予測されている特別国会。新たな総理を選出する首班指名、組閣が行われて新年を迎えることになります。

民主党政権による3年3カ月、我が国の課題は山積という現状・・・・。

もう2年にもなろうとする被災地の復興。今までにないスピードと、一人ひとりに寄り添う「温かさ」が必要です。

景気経済対策も急務。お約束した、命を守る「防災減災ニューディール」の具体化を行って参ります。

また、中小企業金融の返済猶予を認めてきた「金融円滑化法」。 明年3月に期限を迎えます。借り換えととももに新たな事業に挑戦する中小・零細企業を支援する新たな枠組みが求められています。

さらに、「社会保障と税の一体改革」の総仕上げへ。低所得者対策として公明党が主張してきた「軽減税率」をはじめとして、医療や介護の制度見直しから年金の抜本改革案まで、明年8月までに全てまとめなければなりません。

そして、通常国会で結論を出すとお約束した国会議員の定数削減。衆議院の「小選挙区制」の見直しから参議院選挙制度の抜本改革も!

ひとつひとつに、皆様の声をどのように「カタチ」にしていくか・・・・。まさに、身の引き締まる思いです。

「勝って兜の緒を締めよ!」 今日より「政治が変わった」と皆様に実感していただけるよう、浜田まさよし、「日本再建」へ再スタートします!


[No.1295] 北東アジア非核地帯に向け国際的連帯を!

非核兵器地帯シンポ.JPG

12月10日、核軍縮・不拡散議員連盟(PNND6団体が共催する「北東アジア非核兵器地帯へ」と題するシンポジウムにPNNDを代表してパネリストとして出席し、見解を述べさせていただきました。


特に指摘したのは、北東アジア非核兵器地帯構想について、政府が「実現のための現実的環境はいまだ整っていない」とする従来の後ろ向きな見解に変化が出てきていること。

その上で、「北朝鮮の核放棄がなければ非核地帯構想に入れないという立場ではなく、北朝鮮に核開発を放棄させる手段として構想を用いるべきだ」と強調。理想論ではなく、日本の安全保障環境を守るために国民が同構想を共有し、促進していく重要性を訴えさせていただきました。

北朝鮮による「弾道ミサイル」発射通告がある中、我が国の安全保障を高めるための北東アジア非核地帯構想。その国際的輪を拡大していきます!

[No.1294]ハマダレポート Vol.138ーいよいよ衆院選公示、全力で走り抜きます!ー

ハマダレポート Vol.138 2012.12.3

桜木町駅前街頭演説 121203.JPGのサムネール画像ーいよいよ衆院選公示、全力で走り抜きます!ー

「がっかり民主、こりごり自民、わけのわからぬ第三極!」 テレビで流れたある有権者のお声です。

11党もの党首討論会で、維新の会・石原代表は「原発をフェードアウトするというマニフェストは変える!」と断言したり、未来の党の嘉田代表は「再稼働する」と言ったり「しない」と言ったり・・・・。

まさに急場ごしらえの「ドタバタ」の政策。

そもそも、「月額2万6千円の子ども手当」「税方式で最低保障年金」、小沢一郎の側近の森ゆう子が副代表!・・・。「過去」のマニフェストで「過去」の疑惑の政治家に頼る政党に「未来」はあるのでしょうか。

「地域の声を国政に」 まさに、有権者の願いです。しかし、元横浜市長があまりのも不人気で地元から出馬できないとか、嘉田知事のおひざ元の滋賀からは候補者を立てないとか・・・。所詮「風頼み」の「第3極」・・・。

今求めれれているのは「風頼み」ではなく、「根っこのはった」ブレない政党です。

3年3カ月前、「騙されない! 振り込め詐欺と民主党!」と叫び続けた選挙。「政権交代」という4文字による暴風で、上田勇は苦杯を喫しました。

先日の事務所開き。選対本部長としてあいさつさせていただきました。

ー 試練は人を強くします。麦は踏まれれば踏まれるほど強くなるものです。

また、試練は人を優しくもします。冬の厳しさを知っているからこそ、春の暖かさ、有難さがわかるものなのです。 

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)、3年3カ月、上田勇いよいよ雪辱のときを迎えました!ー と。

政治は所詮は「人」。 決して「チルドレン」「ガールズ」「ベービーズ」では「日本再建」はできません。

この週末は、古屋・石毛両比例区予定区候補とともに、藤沢、茅ヶ崎、平塚、厚木、伊勢原、小田原と神奈川県西部縦断街頭。みなさまのご声援本当にありがとうございました。

いよいよ明日は衆院選公示。浜田まさよし、全力で走り抜きます!

▼12月10日付けのメルマガは、衆議院選挙期間中なので休刊とさせていただき、12月17日に必ず「勝利」のご報告をさせていただきます!▼


2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP