[No.1305]ハマダレポート Vol.158ー待望の改正福島復興再生特措法成立!ー

ハマダレポート Vol.158 2013.4.29

ー待望の改正福島復興再生特措法成立!ー

4月26日、参議院本会議で、改正福島復興再生特別措置法が可決され、成立しました。

今回の改正の大きな目玉は、福島で再開する事業者への税の優遇措置を大幅に拡大したこと。

すでに法人税法自体は成立しているので対象を認定する福島特措法の一日も早い成立が望まれていたのものです。

昨年の制定時でjは、事業再開されるのはあくまで「避難解除された区域」で、しかも元々事業を行っていた方々が戻られる場合に限られるだろうと民主党政権は考えていました。

しかし、飯館村などでは宿泊できなくとも昼間の立ち寄りが可能な「解除準備区域」や「居住制区域」でも84事業所がすでに事業を再開!

また、公明党が創設・拡充させた経済産業省の立地補助金を活用して、新規にこれらの区域で事業を行いたいという企業も!

このような「熱い」事業者の方々に何とか報いたい、その思いで税の優遇策の対象を拡大さていただきました。

また、いわき、郡山、会津若松などでは、長期避難の方々の「仮の町」の整備のあり方が課題となっていました。

前政権時には、「政策不在」から道路渋滞・福祉施設の混雑などで地元住民との間で軋轢(あつれき)も・・・・・。

そこで、復興公営住宅だけではなく、周辺道路整備から学校、保育園、介護施設まで一体的に整備できる「生活拠点形成交付金」を新たに創設。

法改正により、受け入れ自治体、県も入って事業計画を策定し、受け入れる側と長期避難する側の意見を踏まえた対応が可能になります!(5月1日発売「第三文明」6月号掲載座談会参照)

「福島の再生なくして日本の再生なし」 浜田まさよし、一つひとつ実現して参ります!





[No.1304]4/26公明党福島県本部・政経セミナーに出席

20130426fukkou.jpg
 公明党福島県本部(甚野源次郎代表=県議)が福島市で4月26日に開催した政経セミナーに、公明党の山口那津男代表、若松かねしげ東北方面副議長(参院選予定候補=比例区)とともに出席させていただきました。
 山口代表は、同セミナーでのあいさつで、昨年12月に自民、公明両党が政権を担ってから「震災復興をスピードアップさせ、日本経済の再生に取り組んできた」と強調。福島の復興を推し進めるため、改正福島復興再生特別措置法が成立したことに触れ、「これからも党を挙げて地元自治体の要望実現に頑張っていく」と訴えました。
 また、若松副議長は、「福島復興のため全力を尽くす」と決意を述べました。
 これに先立ち、山口代表、若松副議長とともに、瀬戸孝則福島市長、立谷秀清相馬市長、仁志田昇司伊達市長らと懇談し、福島再生に関する要望を受けました。(写真)

[No.1303]4/25住宅用防火サッシ認定に関する申入れ

20130425★.JPG
 4月25日、公明党神奈川県本部の「3.11を忘れない防災・減災プロジェクト」は、太田昭宏国土交通大臣(公明党)と鈴木正徳中小企業庁長官に住宅用防火サッシの大臣認定に関する申し入れを行いました。
 公明党の松あきら副代表と同プロジェクトの佐々木さやか事務局長らが出席し、中小企業庁長官への申し入れの際には同行させていただきました。(写真)
 佐々木さんらは、防火サッシのうちアルミ樹脂複合窓について、サッシメーカーの業界団体が一括取得する通則認定から各社ごとの個別認定に移行し、「流通段階で製品不足などの混乱が生じている」と指摘。工務店などに対する丁寧な説明や必要な情報提供などを求めました。太田国交相は、要望に沿って対応する考えを示しました。
 中小企業庁長官には資金繰り支援を要請。神奈川で説明会を開催していただけるとの嬉しい回答をいただきました。

[No.1302]4/25復興推進委員会に出席

20130425★★.JPG 政府の復興推進委員会(委員長=伊藤元重東大大学院教授)が4月25日、首相官邸で開かれ、政府側出席者の一人として根本匠復興大臣らとともに出席しました。「元気で健やかな子供の成長を見守る安心な社会」などについて協議しました。
 現在、東日本大震災やその後の原発事故により、被災地では、ストレスや運動不足、肥満等の生活習慣病の増加など子どもの成育環境に関する課題が顕著に表れています。
 同委員会では、今後、子どもの居場所づくりや子どもの成育コミュニティの再構築、子どもの生育時間の健全化、子どもの主体的な参画、子どもの遊び・生活・学習の道具や利用方法の適正化などについて検討し、取り組みを進めることとしています。

[No.1301]ハマダレポート Vol.157ー母子避難者等の高速道路無料化いよいよスタート!ー

ハマダレポート Vol.157 2013.4.22

ー母子避難者等の高速道路無料化いよいよスタート!ー

東日本大震災・原発事故後、避難指示などの12市町村からの避難者は高速道路無料化が実施されてきましたが、子どもが心配などで自主避難されている方は対象外。

「パパと遊びたい」「なるたけ週末は子どもの顔を見に帰りたい」・・・・。

公明党の強い要請で、3月15日に太田国土交通大臣が、福島県の中通り、浜通り、宮城県丸森町から高校生以下の子どもと避難している母子避難者(父子、妊婦を含む)を対象とした高速道路の無料化を平成25年度予算で実施することを発表。

しかし、その予算成立がゴールデンウィーク(GW)以後となることが確実となり、せっかくの措置がこのGWに間に合わない・・・・。

そこはネットワーク政党公明党。神奈川県の自主避難ママの声を受けた佐々木さやか3.11を忘れないプロジェクト事務局長や党福島県議団の要請が届き、予算成立を待たず、4月26日からの高速道路無料化が決定しました!

「家計に負担がなく高速道路で遠距離を移動できる」 GW中に6歳の長女と避難先の相模原市からご主人が残る福島県大玉村に戻ることを計画されていたお母様からの喜びの声です。

また、郡山から横浜市に11歳の長男と避難をされているお母様から、「自主避難者への政府の対応に少しだが希望が見えてきた」とのご評価も!

「ネットワークできめ細やかな政策の実現。それこそ連立与党での公明党の存在理由。」

そのご評価を忘れずに、浜田まさよし、一つ一つ進めて参ります。

[No.1300]4/19福島特措法の参議院代表質問

20130419★.JPG
4月19日、福島特別措置法の改正について、参議院本会議での代表質問が行われ、復興副大臣として出席させていただきました。
今回の改正は、避難解除区域に戻る企業だけになっていた税制の優遇を、解除準備区域や新規企業にも拡大するものです。
また、いわき、郡山などのいわゆる「仮の町」の整備のために、受け入れ自治体、県なども交えて計画を作成し、生活拠点形成交付金を活用した一体的整備を行おうとするものです。
早期の成立を目指し、全力を尽くします。

[No.1299]4/19「除染・復興加速のためのタスクフォース」に出席

20130419★.jpg
 東京電力福島第一原発事故からの復興を促進するために復興庁や環境省などで構成する「除染・復興加速のためのタスクフォース(作業部会)」が4月19日、復興庁で開催され、根本匠復興大臣、石原伸晃環境大臣らとともに出席しました。
 同タスクフォースでは、除染と復興関連の政策目的が同時に達成されることを加速するために具体的な方策を検討してきており、今回はこれらの具体策の検討状況について中間報告が行われました。
 主な内容は、除染の新技術の利用拡大、除染とインフラ復旧の一体的推進、農地の除染と農業生産性向上の同時達成、森林の除染と林業の発展のための方策などです。その具体化を今後進めて参ります。

[No.1298]4/17参院・復興特委で答弁

20130417★.JPG
 東日本大震災復興の基本施策に関して質疑する参議院東日本大震災復興特別委員会が4月17日開かれ、根本匠復興大臣、石原伸晃環境大臣らとともに出席しました。
 同委員会で、みんなの党の委員より、平成24年6月に成立し同月に施行された「子ども・被災者生活支援法」の基本方針の策定に関する質問があり、答弁させていただきました。(写真)

[No.1297]党核廃絶推進委員会・平和外交WG合同会議で挨拶

20130416★★.JPG

 4月16日、公明党核廃絶推進委員会と同青年委員会平和外交ワーキングチーム(座長=石川博崇参院議員)合同会議が参議院議員会館で開かれ、公明党核廃絶推進委員会座長として冒頭で挨拶させていただきました。(写真)
 会議では、3月4日、5日の二日間、ノルウェーのオスロで開催された「核兵器の人道的影響に関する国際会議」に日本政府代表として参加された日本赤十字社長崎原爆病院の朝長万左男院長をお招きし、同国際会議の報告を伺いました。
 
 
 

[No.1296]ハマダレポート Vol.156 ー福島、今、桜満開ですー

ハマダレポート Vol.156 2013.4.15
  ー福島、今、桜満開ですー
関東では既に桜は散ってしまったようですが、福島は今、満開です。

私の宿舎の近くの「花見山公園」。約10種類の桜や桃が色とりどりに咲き誇り、写真家の故秋山正太郎氏が「福島に桃源郷あり」と評したとおりです。

福島市内の約300本の桜が咲き誇る「信夫山(しのぶやま)公園」をはじめ、少し足を伸ばせば、あの有名な三春町の樹齢1000年の「滝桜」。 

NHK大河ドラマの「八重の桜」だけではなく、まさに、福島は「桜の名所」なのです。「是非、来てくなんしょ!」
先月24日、安倍総理とともに警戒区域解除直前の浪江町、富岡町を訪問させていただきました(私のホームページの同日付ブログで動画が見れます)。

馬場浪江町長から「今年は花見ができます」と庁舎の前の桜の並木を紹介いただき、また、遠藤富岡町長から、今年は町民の願いであった「夜ノ森(よのもり)の桜まつり」を行いたいとの言葉。

復興庁だけではなく古巣の経済産業省も支援させていただき、各地に避難されている町民約500名が20、21日に集われます。

総理とともに引き続き訪問させていただいた郡山市では、風評に負けないブランド農作物に取り組んでおられる農業青年会議所の皆様。

御前(ごぜん)にんじん、冬甘菜(ふゆかんな)キャベツ。ともに本当にそのままで甘いのです。

やっとブランドが根付きはじめときの東日本大震災・原発事故・・・・・。

「冬の厳しさが厳しいほど、野菜は自分を守るために甘くなることができるのです」

その言葉と野菜の甘さをかみしめつつ、浜田まさよし、桜満開、突き進んで生きます!

[No.1295]4/14復興住宅の建設地訪問

20130414 ★.JPG
 4月14日、井上幹事長とともに東京電力福島第一原発事故の影響で長期避難を強いられている福島県大熊町の住民らが入居対象の会津若松市の災害公営住宅(復興住宅)建設予定地を訪れ、近隣住民の皆さんと懇談しました。
 若松かねしげ東北方面副議長、甚野源次郎県代表(福島県議会議員)らとともに同行しました。
 同市には現在、仮役場を置く大熊町の住民約2900人が仮設住宅などで避難生活を送っています。県は同市に「町外コミュニティー(仮の町)」の先行モデルとして、2014年度の入居に向けて90戸の復興住宅を整備する計画です。
 地域に"新住民"を受け入れるに当たり、地元町内会の代表らは「共存共栄していきたい」と述べ、交通量の増加を見込んだ環境整備などを要望しました。
 井上幹事長は「復興住宅に入居する住民を快く受け入れてもらえるよう、市、県、国で連携して対応していきたい」と語りました。

[No.1294]双葉町村議会議長会との意見交換

20130412★.jpg
 福島県内の6町2ヵ村で構成し町村議会運営について研究し相互の親睦を図ることを目的とする双葉地方町村議会議長会(会長=吉田数博浪江町議会議長)と4月12日、福島復興局で意見交換を行いました。(写真)

 また、同日、福島復興局で国見町の太田久雄町長とお会いしました。

[No.1293]4/11神奈川県本部からの申入れ

130411★.jpg
 公明党神奈川県本部(上田勇代表=衆議院議員)の「3.11を忘れない防災・減災プロジェクト」から4月11日、国土交通省で太田昭宏国交大臣(公明党)とともに、東京電力福島第一原発周辺から自主避難した母子らを対象とする高速道路料金無料化の早期実現を求める緊急要望を受け取りました。
 佐々木さやか事務局長(参院選予定候補=神奈川選挙区)らが出席しました。
 席上、佐々木事務局長らは、5月の大型連休前に無料化を実施するよう要望。太田国交相は「連休後に行っても意味がない」と述べ、連休前に実施する意向を示しました。

[No.1292]ハマダレポート Vol.155ー新年度も声をカタチにー

ハマダレポート Vol.155 2013.4.8

ー新年度も「声をカタチに」ー

4月2日、皆様の声がカタチとなった新たな通達が2件、発出されました!

一つ目は、被災地の仮設住宅の延長についてです。

被災者の方々にはできるだけ早く、恒久的な住宅にお移りいただくことを基本としなければなりません。

しかし、高台移転のには未だ時間を要し、原子力災害においては未だ居住制限が続く地域があります。一方、民主党政権で出された「仮設住宅は原則2年」を強調した「役所的通達」が、多くの不安を呼んでいました。

復興副大臣就任早々、公明党の山形県及び宮城県代表から弾力的対応を求める声をいただき、復興庁内で何度も議論。

この度、適当な住宅が不足するため仮設の延長の必要がある場合は、自治体の判断で1年づつ延長していくことを明確にした通達を発出。

マスコミでも報道され、被災者支援団体からも感謝の声をいただきました。

2つ目は、夜回り先生、水谷修さんからの声です。

昨年11月に党のいじめ対策プロジェクトチームでの水谷さんからの要請。

「いじめ問題を中立的に解決していくためには役所の壁を越えて、全国1万4千名の人権擁護委員の力を借りれるようにしてほしい!」

早速、参議院法務委員長であったこともあり、すぐに法務省に要請。

文字通り「役所の壁」があって時間がかかりましたが、文部科学省、法務省及び全国人権擁護委員連合会長名からそれぞれ、4月2日に「連携強化」の通達が発出されました(4月3日付け公明新聞スポットニュース参照)

新年度も、声をカタチに、浜田まさよし、全力で取り組んで参ります!

[No.1291]4/3公明党川崎市議団と面談

20130403★.JPG 公明党川崎市議団(団長=菅原進市議)の代表と4月3日、参議院議員会館で面談しました。

 公明党川崎市議団として3月下旬、被災地の視察調査を行い、その一環として3月25日、福島復興局を訪問されました。あいにく当日は参議院本会議が開催されたため、現地でお会いすることができませんでした。
 本日、短時間ではありましたが、視察の様子を伺い、今後についても打合せをさせて頂きました。
 菅原団長の他、河野忠正議員、田村伸一郎議員、河野ゆかり議員とお会いしました。

[No.1290]4/3参院共生社会・地域活性化に関する調査会で答弁

20130403★★.JPG 参議院共生社会・地域活性化に関する調査会が4月3日開会され、復興庁を代表して出席しました。
 東日本大震災による被災地を含む地域再生のあり方に関して、特に住民帰還の促進及び避難解除等区域の復興再生について説明しました。
 その後、各委員から
・長期避難者への生活インフラ整備のあり方、
・常磐線復旧の状況、
・各市町村長との信頼醸成のあり方
・営農支援と風評被害対策
・被災者の意見の反映
などの質問に対して答弁させて頂きました。

[No.1289]4/1福島復興再生総局が新体制でスタート

20130401★.jpg
 福島復興再生総局は4月1日、新たな陣容、体制でスタートしました。
先ず、福島復興局は38名から29名増員して77名体制となりました。
 併せて、福島環境再生事務所と原子力災害現地対策本部の一部が同じフロアに入り、物理的にも連携が密にとれる体制に。
 さらに中間貯蔵施設を担当する環境省のメンバーも同じビルの5階に。
 被災地の現場において施策を迅速に判断するため、国の復興関連機関の意思疎通を円滑にすることで復興を加速化させることが目的です。
 職員の皆さんへの訓示として、「職員ひとりひとりが心を一つにして新たなスタートを!」と話をさせて頂きました。

[No.1288]ハマダレポート Vol.154ー公明党の「被災地応援ツアー」に感謝の声ー

ハマダレポート Vol.154 2013.4.1
  ー公明党の「被災地応援ツアー」に感謝の声ー
 
東日本大震災・原発事故を受けて、福島県への観光客は急減・・・。
地元の旅館、土産物屋をはじめ多くの方が歯を食いしばって頑張っておられます。
 
その中にあって、都議会公明党が推進した「被災地応援ツアー」に感謝の声が寄せられています。
 
これは、平成23年からスタートし、被災三県に観光で一泊すると3000円が補助されるという制度。東京都が販売した宝くじの収益金を活用したものです。
 
反響はすばらしく、すぐに5万泊分はご利用いただきました。
 
さらに平成24年も、風評被害が続いている福島に限定して継続していただき、1泊3000円、4万泊分だけでなく、日帰り1500円、1万5千人分として実施。 またもや「大好評」。
 
「観光地の元気が少しずつ戻ってきた。「被災地応援ツアー」で我々の元気も出て、復興につながった。」
 
内堀(うちぼり)福島県副知事が感謝のメッセージを、この事業を推進した公明党中島よしお東京都議会幹事長のDVD(世田谷総支部ニュース)に寄せてくれています。
さらに25年度も2万泊分(日帰り1万5千人分)の予算も計上され、先日お会いした福島市観光コンベンション協会の渡辺会長からも「東京からのお客さんは突出している、継続は本当にありがたい」との声も。
 
「被災地に「見学」にくる議員は多い。しかし、何度も何度も現地に足をを運び、地域の叫びを膝詰めで聞いて最も「行動」してくれたのは、公明党の都議会議員」被災地の地方議員の言葉です。
ネットワークで進める復興再生、浜田まさよし、新年度もさらに取り組んで参ります!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP