[No.1408]12/16JA伊達みらい営農センターを視察

20131217★.jpg 福島県伊達市の特産品「あんぽ柿」が3年ぶりに出荷されたことを受け、根本匠復興大臣と共に12月16日、「JA伊達みらい」(大橋信夫・代表理事組合長)の営農センターを視察しました。
 「あんぽ柿」の放射性セシウム濃度検査装置について説明を受けたほか、生産関係者と懇談。大橋氏は「ようやく出荷を再開できたことに喜びを感じている」と感慨深げに語られました。
 同検査装置は、公明党が推進した原子力事故被害緊急措置法(仮払い法)で強化された基金を活用し、開発が進められていました。
 出荷再開は2年9ヶ月もの間、生産者が努力を続けられた"たまもの"です。来年以降も継続できるよう後押ししたいと思っています。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP