[No.1450]ハマダレポート Vol.204ー小さいおうちー

 ハマダレポート Vol.204 2014.3.31

ー小さいおうちー

ベルリン映画祭で、黒木華(くろきはる)さんが、日本人4人目となる最優秀女優賞を受賞されたという、映画「小さいおうち」。

小津安二郎の「東京物語」をモチーフにした前作「東京家族」から、さらに、ミステリー・ロマンという新境地に挑戦された山田洋次監督の「意欲作」と評されています。

舞台は第2次大戦中の東京の山の手。会社役員夫妻の赤い屋根の一軒家に「女中」として住み込むこととなるタキの当時の役を、黒木さんがのびのびと演じています。

「小さいおうち」というささやかな幸せを願う「ごく普通」の登場人物が、「南京陥落」や日本軍の「進攻」を「喜び」、提灯行列やデパートの戦勝大売出しに平然と出かける戦争という「時代性」・・・・。

当時の「自叙伝」を書き始める、現在のタキ(倍賞千恵子)が、神宮での雨の学徒動員行進があった昭和18年を、「でもその頃は本当によく晴れていい天気だったの」と述懐する場面が、逆に、戦争という時代の「そら恐ろしさ」を感じさせます。

その「戦争の狂気」の極地こそ核兵器です。

一度使われれば、その破壊力の大きさだけではなく、放射能の影響から負傷者の救護活動の困難さ、気候変動や農作物への長期的影響など、その「非人道性」は他に比べることも出来ません。

しかし、「一発逆転」の兵器であるが故に、手を伸ばそうとする国が増えだしている現在の世界情勢・・・・・・。

その魔性の「爪」を封じ込め、核廃絶へ舵を切れるか否かが、今、問われています。

党の核廃絶推進委員会座長として、昨年末から、連続講演会を開催し(公明新聞1月6日、2月4日ともに3面参照)、市民団体との連帯から、核兵器国をも巻き込んだ「核兵器の非人道性」についての国際的な規範づくりへ。

先週オランダで開催された核安全保障サミット。公明党の強い主張を受け、安倍総理は核廃絶への日本のリーダーシップを世界に発出しました。

いよいよ、日本の出番、公明党の出番。浜田まさよし、「意欲作」に挑んでまいります!




[No.1449]3/26公明党相模中央総支部会に出席

20140326相模中央総支部.jpeg
 公明党相模中央総支部(佐々木正行総支部長=神奈川県議)の総支部会が3月26日、相模原市内で開催され、出席しました。
 相模原市議会の菅原康行議員、米山定克議員、西家克己議員からのあいさつや市政報告、佐々木総支部長のあいさつ等の後、国政報告をさせていただきました。

[No.1449]3/26参議院東日本大震災復興特別委員会で答弁

20140326T★.JPG
 東日本大震災復興の総合的対策に関して質疑する参議院東日本大震災復興特別委員会が3月26日開かれ、根本匠復興大臣らとともに出席し、自由民主党の堀内恒夫議員からの質問に対して答弁しました。
 答弁の内容としては、避難指示区域の見直しの実施の経緯、新たに創設された福島再生加速化交付金の活用などについて述べさせていただきました。

[No.1448]3/25ストップ結核パートナーシップ推進議連に出席

20140325★★.JPG
 国際的な結核対策への関心の高まりを受けて2007年12月に超党派の衆参両院議員の有志で発足したストップ結核パートナーシップ推進議員連盟(武見敬三会長=参院議員)の総会が3月25日、参院議員会館内で開催され、事務局長として出席し司会進行を務めさせていただきました。
 総会には、会員である衆参両院議員をはじめNGOの関係者も出席されました。
 議題としては、平成26年度予算における結核対策関連予算について厚生労働省及び外務省からの説明、「ストップ結核ジャパンアクションプラン」に関するプレゼンテーション等が行われた後、意見交換を行いました。

[No.1447]ハマダレポート Vol.203ー 若者の雇用を守るー

ハマダレポート Vol.203 2014.3.24

ー 若者の雇用を守るー

いよいよ新年度、新社会人としてスタートされる方も多いと思います。

 先日、横浜市にお住まいのお母様より、ウェディングプランナーとして働く20代の息子さんの仕事について、ご相談をいただきました。
 
 「人に喜んでいただける仕事がしたいと、一生懸命働いているものの、給料が安く、辞める人が続いても改善されない。結婚も考えているが、生活が成り立つか不安」とのお声です。

 公明党は、昨年6月に党青年委員会が全国で28万人を超える方へ実施したアンケートの結果を踏まえ、総理に直接、若者の「ワーク・ライフ・バランス」(仕事と生活の調和)に関する政策提言を申し入れました。

 そして9月に、厚生労働省により、初めて、若者の使い捨てなどが疑われるいわゆる「ブラック企業」の調査が実現。
 
 その結果、調査対象のなんと約8割にあたる事業所で労働基準関係法令の違反があることが判明! そのうち、約4割の事業所で違法な残業があり、賃金を支払わない残業も約2割見つかったことが発表されました。
 
 さらに新年度から、若者の労働相談の窓口の設置や情報発信の場が広がります。
 
 夜間、休日に、フリーダイヤルで相談ができる「労働条件相談ダイヤル(仮称)」や、わかものハローワーク等へ「在職者向け相談窓口」等の設置などが、先週成立した来年度予算に盛り込まれています。

 新社会人をはじめ、若者が安心して働ける社会。浜田まさよし、公明党のネットワークで築いてまいります!

[No.1446]3/22福島県のため池を視察

20140322★.jpg
 福島県内の農業用ダムやため池の底土から、基準値を超える放射性物質が検出されたことを受け、根本匠復興大臣とともに3月22日、同県飯舘村のため池を視察しました。その後、根本大臣は記者団に対し、農業用ダムなどの除染を国が負担して実施する方針を明らかにしました。
 根本大臣は、営農再開や農業復興の観点から除染対策が必要なため池について、「福島再生加速化交付金事業によって汚染拡散防止対策を進める」と表明。国が同事業の対象とすることで、財政と技術の両側面で支援し、放射性物質の拡散防止に努める考えを示しました。
 除染方法については、ため池などの底土をセメントで固めて、放射性物質を含んだ土が水中に巻き上がるのを防ぐほか、低土自体を取り除くなどの手法で行われます。早ければ今秋にも同県内約千ヶ所の農業用ダムなどを対象に実施される見通しです。
 今回の方針は、環境省と農林水産省が連携してまとめた好例です。対策が円滑に進むよう着実に取り組んでまいります。

[No.1445]3/22JR登戸駅前で街頭演説

20140322T★.JPG
 公明党神奈川県本部(上田勇代表=衆院議員)は3月22日、東北復興や防災・減災を訴える「春の防災街頭キャラバン」の一環として、川崎市のJR登戸駅 で防災意識度をチェックするアンケートを行うとともに街頭演説会を開きました。
 これには川崎市議会の菅原進議員、河野ゆかり議員らとともに参加し、あいさつさせていただきました。
 その中で、福島の復興への取り組みについて触れるとともに、公明党が提唱してきた「防災・安全交付金」が、この度成立した平成26年度予算に1兆円確保されていることなどを紹介させていただき、今後とも福島の復興や防災・減災対策に全力を挙げていく決意を述べさせていただきました。

[No.1444]3/19衆院内閣委員会で答弁

20140319★.JPG
 衆議院内閣委員会が3月19日開催され、自民党の福山守議員からの質問に対して答弁しました。
 答弁の内容としては、移住を希望される避難者や既に避難先で定住されている方々に対する生活再建支援、帰還を希望されながらも長期にわたる避難を余儀なくされている方々に対する避難期間中の生活再建支援、避難者の方々が避難先での生活再建を果たし地域のきずなを維持・発展させていくための具体的な取り組みなどについて述べさせていただきました。

[No.1443]3/18参院東日本大震災復興特別委員会で答弁

20140318T★.JPG
 参議院東日本大震災復興特別委員会が3月18日開催され、社会民主党の吉田忠智議員からの質問に対して答弁しました。
 答弁の内容としては、平成23年9月末で既に解除された緊急時避難準備区域からの避難者で現在も避難生活を続けざるを得ない方々に対して、高速道路の無料化措置、医療保険の窓口負担の免除・保険料の減免、健康相談や個人線量計の貸与、ホール・ボディ・カウンター検査等の支援策を実施していることを述べさせていただきました。

[No.1442]ハマダレポート Vol.202 ー 人間の復興へー

ハマダレポート Vol.202 2014.3.17

ー 人間の復興へー

3月11日、福島市での東日本大震災追悼復興祈念式に出席させて頂きました。

「震災直後、毎日桜のつぼみがふくらんでいく様子がつらかった。普段なら待ち遠しい春を、あの時だけは受け入れられなかった。」

祈念式で知事から紹介された、卒業したばかりの教え子を津波でなくした高校教師の言葉です。

「あの日 友をなくした人もいる あの日 家族をなくした人もいる あの日 夢をなくした人もいる

何もかもが 変わってしまった でも それでも 人は前にすすんでいく・・・・・

今という時を 作るために」 

当時中学2年生だった男子が3年経った「今」を詠んだ追悼詩です。

祈念式の後、東京に戻り、BSフジの「プライムニュース」で1時間にわたり、福島の富岡町からの避難生活をされている方、石巻の雄勝(おがつ)町の高台移転の再考を求めている方との討論生番組に出演させて頂きました。

「帰還するか、新しい生活を選択するか、2者択一しか国は示さない」とのご指摘・・・・。

「復興公営住宅の提供などにより、未だ判断できないという方にも寄り添った対応をさせて頂きます」とお答えさせて頂きました。

番組の最後。目指すべき復興の姿はと聞かれ、「人間の復興へ」と、迷わずパネルに書かせて頂きました。

そしてこの週末は、秋田に避難されている皆様の元へお伺いし、皆さまのお声をお聞きするとともに被災地の復興の現状をお伝えしてきました。

お一人お一人の思いをしっかり受け止め、浜田まさよし、「人間の復興」へ、決意新たにスタートします。

 

 

 

[No.1441]3/15秋田市内で原発避難者の団体代表と意見交換

20140315F★.JPG
 公明党秋田県本部(田口聡代表=県議)が3月15日、秋田市内で開いた東京電力福島第一原発事故による福島県からの避難者団体との意見交換会に出席しました。
 席上、「秋田避難者おやこの会」の二階堂清子代表は、子どもの成長などに対応するための借り上げ住宅の借り換えと期間の延長や、きめ細かい求人情報の提供などを要望されました。
 「こども未来ねっと能代」の佐藤佳代子共同代表は、避難者同士でないと分からないことを話し合い、地元になじむための活動を続けていると話されました。
 「うつくしま県人会」の紺野祐代表は、「避難生活が3年となり、避難者の要望が多様化している。ニーズに応えるためには受け入れる自治体に体力が必要で、そのための財政支援をお願いしたい」と要請。同事務局監査の大西洋一さんは、「避難先での定住を希望する人への支援を」と訴えられました。
 私からは、「皆さんからのご要望は、県や関係機関とも連携しながら、一歩一歩、具体化していきたい」と答えさせていただきました。
 この意見交換会には、党同県本部の成沢淳子、石塚秀博、堀井明美、松田豊臣の各秋田市議と畑沢洋子五城目町議も参加され、市や町でできる支援策に全力を挙げることを決意されました。

[No.1440]3/14秋田県知事から要望

20140317★.jpg
 秋田県庁で3月14日、佐竹敬久県知事と会談し、東日本大震災による避難者支援について要請を受けました。
 佐竹知事は、国の地域自殺対策緊急強化基金を活用し、医師らによる定期相談会を実施していることに触れられ、同基金は2014年度が期限であるため、「心のケアは長期的な取り組みが必要で15年度以降の安定財源確保をお願いしたい」と要望。
 さらに、同県が震災等緊急雇用対応事業を使い避難者を支援相談員として雇用していることを紹介。15年度以降、同事業が対象から外れることから、避難者の受け入れ自治体が避難者を直接雇用できるよう財政支援を求められました。
 私からは、「要望をしっかり受け止めて進めていきたい」と答えさせていただきました。

[No.1439]3/11福島県主催の東日本大震災追悼復興祈念式に出席

20140311 F★.JPG
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から3年を迎えた3月11日、福島県主催の東日本大震災追悼復興祈念式が福島市内で行われ、政府代表の一人として、赤羽一嘉経済産業副大臣、井上信治環境副大臣らとともに出席しました。
 追悼式の冒頭で、東京都千代田区の国立劇場で行われている政府主催の追悼式が同時中継され、地震発生時刻に黙祷しました。また、高校生がつづった追悼詩の朗読や知事メッセージの発表などの後、献花させていただきました。
 

[No.1438]ハマダレポート Vol.201ー 3度目の冬ー

ハマダレポート Vol.201 2014.3.10

ー 3度目の冬ー

3.11より3度目の冬を迎えています。

本日夕方、原子力災害対策本部と復興推進会議の合同会合を官邸で開き、6時から復興加速の進捗と見通しについて安倍総理が記者会見を行います。

この1年、原発災害担当の復興副大臣として福島に常駐させていただいてきました。

当時、避難指示区域の将来に向けた区域見直しも半分程度(11市町村中6市町村)しか終わっておりませんでしたが、昨年8月に無事完了し、今年4月には、田村市の避難指示解除を行うことになりました。

除染で生じる汚染土を保管する中間貯蔵施設についても、地元の要望を最大限配慮した形での実現に向け、進められています。

子どもの健康対策としては、中通りを含め、大型遊技場33箇所の整備が決定し、すでに3箇所が整備されました。お母様方から要望の強かった、公園、幼稚園、保育所の遊具も、県内で約500カ所以上について更新がなされてきています。

遅れが指摘されていた長期避難者のための復興公営住宅。飯館村の避難者のための住宅が福島市飯野に今年の夏からオープンすることを皮切りに、川内村、郡山市、会津若松市などで、順次入居が始まります。

被災地の皆様からいただいてきた市民相談・要請の数々。この1年間でファイル4冊になりました。

ご要望を頂いてから、担当省庁と一歩でも前に進めるための連日の打ち合わせ・・・・。少しでも喜んで頂ける笑顔で報われてきました。

昨日は山口代表と共に、双葉町から郡山に避難されている方々と懇談させていただきました。

未だ多くの方々が不自由な生活を強いられているという現実・・・・・。

明日の3.11当日は、福島市で追悼復興祈念式に出席させていただきます。

改めて亡くなれた方々への哀悼の意を表しますとともに、避難生活を余儀なくされている方々に、笑顔が一日でも早く戻ってくるように、浜田まさよし、引き続き、全身全霊を尽くします!


[No.1437]双葉町から避難されている方々と懇談

20140309★★.JPG
 山口那津男代表とともに、3月9日、東京電力福島第一原発事故によって郡山市で避難生活を余儀なくされている「双葉町県中地区借上げ住宅自治会」(伊藤吉夫会長)、半澤浩司副町長と懇談させていただきました。
 伊藤会長らは、自治会の意見を基にした五項目について要望。具体的には、除染で出た土を保管する中間貯蔵施設が双葉町内に建設された場合に、町民が生活再建できるための支援策立案や、復興公営住宅に転居を希望する全員が入居を可能とすることなどを求められました。出席者からは「故郷に帰還できないのであれば、時期を含めて早く言ってほしい」などの率直な声が出されました。
 これに対し、こちら側から、一つ一つの要望に答えさせて頂き、最後に山口代表から「避難生活が長期間に及んでおり、避難者の生活再建の見通しが立つよう、引き続き悩みや要望を受け止め課題を解決するための答えを出していく」と、党としての決意を述べさせて頂きました。
 
 

[No.1436]3/9福島再生可能エネルギー研究所を視察

20140309 - コピー.JPG
 山口那津男代表とともに、3月9日、福島県郡山市を訪れ、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の「福島再生可能エネルギー研究所」を視察しました。
 同研究所は、再生可能エネルギーの技術開発や実証などを行う新拠点で、来月開設される予定。技術開発だけでなく、大学や企業と連携した事業化などを進め、関連産業の集積や人材育成を通じて復興に貢献することを目的としています。
 山口代表ら一行とともに、再生エネ研究関連の特殊実験に活用する実験棟などを視察。研究所の主要研究テーマのうち水素エネルギーの貯蔵プロジェクトや風力発電の効率化、地熱の適正利用のための技術開発などに関して担当者の説明を伺いました。
 続いて今後の再生可能エネルギーの普及に向けた課題などについて意見交換。この中で山口代表からは「原発事故を機に、再生エネの必要性が高まっている」と述べる一方、「この拠点が、エネルギー分野で国際社会に貢献できるパイオニア(先駆者)になるよう公明党のネットワークの力を生かしてバックアップしたい」と、党としての決意を述べさせて頂きました。
 

[No.1435]3/8安倍総理大臣の福島視察に同行

20140308 F ★.JPG
 安倍晋三総理大臣は3月8日、東日本大震災による復興状況を把握するため福島県を訪れ、私も根本匠復興大臣、森まさこ内閣府特命担当大臣らとともに同行させていただきました。
 いわき市では、入居間近の津波被災者向け災害公営住宅建設現場を視察した後、小名浜の「ら・ら・ミュウ」で試験操業でとれたいわき市沖の魚を試食(写真)。あわせて、子ども向け屋内遊技施設を視察しました。
 大熊町では大河原地区の大熊町内復興拠点の整備計画予定地を訪問。
 その後、田村市へ移動し、避難指示が解除される予定の地域の住民の方々と懇談しました。

[No.1434]3/7公明党東日本大震災復興加速化本部に出席

IMG_2223 - コピー (2).JPG
 公明党東日本大震災復興加速化本部は3月7日、衆議院第2議員会館で会合を開き、これまでの与党提言に対する政府の対応について政府担当者から報告を受けました。
 この会合には、山口那津男代表、井上義久幹事長、石井啓一政務調査会長ら多数の衆参議員が出席され、私も政府側の一員として浮島智子環境大臣政務官(公明党)らとともに出席しました。会合の冒頭で、山口代表に続いてあいさつさせていただきました。
 会合では、震災関連死対策の態勢強化や、被災者の立場に立った原子力損害賠償の対応などについて要望を伺いました。
 

[No.1433]3/3公明党核廃絶推進委員会等合同会議に出席

20140303★.jpg
 私が座長を務めさせていただいている公明党核廃絶推進委員会と外交・安全保障部会(上田勇部会長=衆院議員)及び青年委員会(石川博崇委員長=参院議員)は3月3日、参院議員会館で核兵器廃絶に関する合同会議を開催しました。これには斉藤鉄夫幹事長代行が出席し、あいさつされました。
 会議では、外務省とピースボートの川崎哲氏らから、2月にメキシコで行われた「第2回核兵器の人道的影響に関する国際会議」の報告を聴取。また、来月、広島で行われる「軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)」外相会合について準備状況を確認しました。

[No.1432]ハマダレポート Vol.200 ー 被災地の子どもたちを守れ!ー

ハマダレポート Vol.200 2014.3.3

ー被災地の子どもたちを守れ!ー

年が明けて、被災地の子どもたちについて警鐘を鳴らす調査結果が相次いで発表されました。

一つ目は不登校の増加です。

昨年度の小中学校の不登校の子どもたちは、被災3県以外では前年比4%減となったのに対し、福島では5%増、宮城県では7%増という現実・・・・・。

「慣れない仮設住宅暮らしに加え、両親の離婚や再婚などの家庭環境が大きく変化した子どもも多いのです。」ある中学校の校長先生の言葉・・・・・。

さらに、被災当時、保育園児であった子どもについての厚生労働省による調査研究結果。

震災後1年半の時点で、抑うつ、ひきこもりなどの「内的問題」が見られる子どもが28%、攻撃的な行動をとるなどの「外向的問題」では21%、社会的適応性などの「総合的問題」では26%と、被災地以外の2倍から4倍にのぼるというのです(被災地以外ではそれぞれ、6%、11%、9%)。

「震災直後、子どもたちはその痛みを誰にも言えず心にため込みます。そして、2年、3年となってそれがうずきだすのです・・・・。」ハマダレポートVol.153で紹介した、 阪神大震災の遺児を支援されてきた「レインボーハウス」の館長さんからお聞きした言葉です。

復興庁では、従来のスクールカウンセラーなどの取り組みに加え、来年度から、被災した子どもの健康・生活等総合支援事業を約40億円でスタートさせます。

仮設住宅で長期の避難生活を余儀なくされている子どもの心身の健康に関する相談にのるために家庭訪問を行う事業や、空いている仮設住宅を改造し、子どもたちがストレスを発散できるスペースとして解放します。

以前訪問させていただいた先述のレインボーハウスには、子どもが思いっきり泣き明かすことも出来る「思いの部屋」や、サンドバッグに怒りをぶつけることも出来る「火山の部屋」もありました・・・・・・。

子どもたちの笑顔が戻って初めて「復興再生」。浜田まさよし、全力を尽くします!

P.S. 皆様の激励に支えられて、ハマダレポートも200号を迎えることができました。

皆様に感謝しますとともに、今後も身近に感じて頂けるテーマについて、300号を目指して発信して参ります!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP