[No.1548]10/7福島・南相馬市で避難者との情報共有で懇談

20141007 ★.JPG
 福島県南相馬市の南相馬市立総合病院で10月7日、坪倉正治医師と市民団体「ベテランママの会」の番場さち子代表らと会い、放射能に関するリスクコミュニケーション(健康への影響に関する情報共有)について意見交換しました。
 この中で坪倉氏は、リスクコミュニケーションのあり方について「福島の人々が失った自信を取り戻し、前向きに生活することを情報共有の最優先の目的にすべき」と指摘されました。また、情報伝達については「避難者らと顔見知りになるなど草の根の対話が重要だ」と強調されました。
 私からは、「日常生活の相談を含めた対応を強化していきたい」と述べさせていただきました。
 また、この後、西町地区災害公営住宅や鹿島区の仮設住宅を視察しました。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP