[No.1574]ハマダレポート Vol.241ー今年も観ましたクリスマスライブー

 ハマダレポート Vol.241.2014.12.29

ー今年も観ましたクリスマスライブー

今年で14回目となる小田和正さんのクリスマスライブ。毎年観ています。

数年前、途中まで録画し忘れたことをメルマガで報告したところ、ある方から録画したDVDを頂きました。

先日には、「もうすぐですよ。今年も録画し忘れがないように」とのご親切なメールも!

私にとって、365日間、全力で走り続けてこられたことに対する自分への「ご褒美」です。

今年のクリスマスライブの内容は、今までと大きく異なり、この14年間の舞台裏を振り返るような構成。新しい感動を頂きました。

2001年の初回の番組準備の様子。「今大切なもの」を世代を超えて共有できるような番組にしたいと、一通、一通、直筆で共演依頼の長文の手紙を書いた小田さん。

しかし、送られた7通の手紙の返事は全て、お断りの内容・・・・・・・。

でも、小田さんはあきらめませんでした。歌ってほしかったその歌をすべて一人で思いを込めカバーし、見事、第1回のライブを完成させました。

その内、回を重ねる毎に、「ゆず」や、SMAPの中居正広さん、松たか子さんなど、一人一人増えていく共演者。

しかし、大きな転機は2009年。増えてきた共演者30名全員で合唱しながら持ち歌をメドレーにすることを小田さんは番組制作スタッフに提案したのです。

「各歌い手のせっかくの持ち味が埋没してしまうのではないか」「観客がそのような長いメドレーに飽きてしまうのではないか・・・・」

全ての反対を説得し、必死に曲のアレンジに没頭する小田さん。そして迎えた12月25日の本番。

観客は、全員総立ちになり、涙ながらの手拍子!

何故でしょうか? All for one, one for all(全てが一人のために、各自は全体のために)をその歌声を通して観客のお一人お一人が体感したのではないかと私は思いました。

今回のクリスマスライブ放映の数時間前、皇居での認証式。私は復興副大臣に再任頂きました。

All for one, one for all.を合言葉に、浜田まさよし、福島常駐3度目の冬。「寄り添う復興」進めて参ります!

P.S.今年も残りわずかとなりましたが、この1年間、皆様のご支援、本当にありがとうございました。
明年も、連続勝利に向け、浜田まさよし、全力を尽くします!




[No.1573]12/25公明党東日本大震災復興加速化本部等合同会議に出席

201225★IMG_4218 .JPG
 公明党の東日本大震災復興加速化本部(本部長=井上義久幹事長)と復興・防災部会(部会長=石田祝稔衆院議員)は12月25日、衆院第二議員会館で合同会議を開き、会議の冒頭、井上幹事長のあいさつに続き、政府側を代表してあいさつさせていただきました。
 会合の中で井上幹事長は、「初当選の4人も、しっかり被災者に寄り添いながら復興を加速してもらいたい。被災者が一日も早く、日常生活を取り戻せるよう、互いに頑張ろう」と力説。来年度末で、5年間の集中復興期間が終わる点に触れ、「それまでに、どれだけの結果が出せるかが非常に大事だ」と述べられました。
 公明党は、震災の発生直後から国会議員の担当地域を決めて現地に派遣する体制を取り、被災者から寄せられた声を政治に反映しています。
 このほか会合では、東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策の取り組み状況などについて政府側から説明しました。

[No.1572]12/25第三次安倍内閣で復興副大臣に再任

20141225 F.JPG
 政府は12月25日午後の臨時閣議で、第三次安倍内閣発足に伴う各府省の副大臣25人を決定しました。
 同日の皇居で行われた認証式で正式に発令され、復興副大臣に再任されました。
 公明党からは経済産業・内閣府副大臣に高木陽介衆院議員、厚生労働副大臣に山本香苗参院議員も共に再任されました。(写真は官邸での記念撮影)

[No.1571]12/23福島県郡山市の仮設住宅を視察

201412232★.JPG
 福島県郡山市富田町の若宮前仮設住宅で、今月1日から行われていた地下雨水管の改修、新設工事が12月26日に完了します。被災者の方からの要望を受け対応させていただき、公明党の若松謙維参院議員、真山祐一衆院議員と共に12月23日、現地を視察し、宮本皓一(こういち)町長や住民の皆さんと懇談しました。今井久敏県議、小島寛子市議が同行されました。
 同仮設住宅では、地下雨水管の目詰まりや劣化などが原因で、大雨のたびに住宅前に水たまりが発生。排水不良でなかなか水が引かないために、居住者の方々の生活は不便を強いられていました。
 窮状打開へ居住者の方から小島市議や今井県議に相談が寄せられたほか、11月16日に若松参院議員とともに出席した現地懇談会でも要望が出され、その場で視察。直ちに福島復興局と連携し、現地調査が行われた上で工事が始まりました。
 相談者の一人の阿部みつ子さんは、「大雨のたびに心配になり、みんなが困っていた。本当にありがたい」と笑顔で語っておられました。
 少しでも居住環境に配慮し、皆さんの声を受け止め、寄り添い続けてまいります。

[No.1570]12/23公明党福島復興加速化会議に出席

201412231★.JPG
 公明党福島県本部(甚野源次郎代表=県議)は12月23日、福島県郡山市で福島復興加速化会議を開き、党福島県東日本大震災復興加速化本部の若松謙維議長(参院議員)、この度の衆院選で初当選した真山祐一衆院議員、県本部所属の議員らとともに出席しました。
 冒頭、甚野代表は「我が福島県から若松参院議員、真山衆院議員の二人の国会議員が誕生した」と強調。震災から3年9ヶ月がたった今も、約12万人が県内外に避難している状況を重く受け止め、「『公明の旗ここにあり』との闘いで、復興を倍加して進めたい」と力を込められました。
 次いで当選の御礼に立った真山氏は、全町避難中の浪江町民が暮らす二本松市の仮設住宅でいち早く懇談会を開いたことを報告。復興へ、地域の課題解決へ「福島中を、東北中を駆け巡り、現場の声を国政に届けていく」と決意を述べられました。
 私からは、(ア)除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設、(イ)避難区域が設定された12市町村の将来像の検討、(ウ)仮設住宅の延長期間、(エ)全町民が避難している楢葉町(ならはまち)の避難指示解除―など、福島再生へ乗り越えなければならない七つの問題があると説明。「被災者に寄り添い、一つ一つの課題に立ち向かっていく」と力説させていただきました。
 若松議長は、福島担当の国会議員12人と引き続き連係を深めながら、今回の衆院選で得た「2倍の力」で復興の"倍速"に向けて「県本部の議員が結束して現場の声を実現していこう」と訴えました。

[No.1569]ハマダレポート Vol.240ー草の根のリスクコミュニケーションー

ハマダレポート Vol.240.2014.12.22

ー草の根のリスクコミュニケーションー

リスクコミュニケーションという言葉をご存じでしょうか?

社会を取り巻くリスク(危険度)に関する正確な情報を、行政、専門家、企業、市民などの関係主体間で共有し、相互に意思疎通を図ることをいいます。

放射線に関するリスクコミュニケーションは、福島の復興再生には避けて通れない課題です。

福島では、南相馬の「ベテランママの会」の皆さんが、3.11以降、東大から市立病院に常駐している坪倉(つぼくら)医師と連携して、放射線についてのわかりやすいパンフレットを発行されています。

イラストが多いというだけではなく、何よりも「リスクの比較」を通じて、放射線についての事前知識が全くなくてもわかりやすく説明されています。

例えば、南相馬市や相馬市の市街地の空間放射線量は西日本と変わりがないこと。

福島の原発事故がなくても、食物にはカリウム40という放射性物質が含まれており、現在福島で流通している食品は全国と同じレベルであること。

先日、坪倉先生とベテランママの会の皆さんを訪問させて頂き、何故、わかりやすいパンフレットが生み出されたのかが理解でしました(10月9日公明新聞)。

3.11以降、当時の民主党政権の「不明確」な情報や「上から目線」の広報しかされなかったのに対し、皆さんは、小単位の若いお母様との相談業務に取り組まれてきました。

その中での数々の身近な質問に対する回答を導き出すという、まさに「草の根のリスクコミュ二ケーション」がベースにされてきたのです。

「福島の人々が失った自信を取り戻し、前向きに生活することがリスクコミュニケーションの目的」

坪倉先生の言葉を胸に、浜田まさよし、草の根のリスクコミュニケーションをさらに幅広く進めてまいります。

P.S.坪倉先生の相談概要が、南相馬市ラジオひばりFMで放送されています。その内容はホームページからもお聴きになれます。 http://hibarifm.wix.com/870mhz#!tsubokura/c1cxe

[No.1568]12/19岡山市での受託支援事業者の会議に出席

20141219f★ .JPG
 福島県外への自主避難者等への情報支援事業受託事業者連絡会議が12月19日、岡山市内で開催され、全国から集った受託事業者の代表の方々とともに出席し、会議の冒頭であいさつさせていただきました。
 議事としては、事業の進捗状況の報告、事業の課題や今後の進め方及び意見交換等を行いました。
 また、会議に先立ち岡山県ボランティア・NPO活動支援センターを視察しました。

[No.1567]ハマダレポート Vol.239.ー大勝利の衆院選、戦いを終えてー

ハマダレポート Vol.239.2014.12.15

ー大勝利の衆院選、戦いを終えてー

昨日、投開票が行われた衆院選挙。

師走の慌ただしい中ではありましたが、自民党は議席を減らしつつも、皆様の真心からのご支援を頂いた公明党は9選挙区完勝、比例区も4議席増と、現行選挙制度で過去最高の大勝利を収めることができました。

公選法より規制されている御礼のメールに代えて、この選挙戦を通じて感じたことと決意を皆様にご報告させて頂きます。

私自身、神奈川県本部の選挙対策本部長として、神奈川県下35か所で街頭遊説をさせて頂き、また、ご紹介いただいた約100社の企業・団体の朝礼・昼礼・夕礼・懇談などで直接訴えさせて頂いたところの実感。

それは、公明党に対する「熱い期待」です。

確かにマスコミ調査による政党「支持率」は目に見えて急上昇しているわけではありませんが、いわゆる「拒否率」は急激に低下し、むしろ、「与党内野党」としての「熱い期待」をひしひしと感じました。

これも、その企業・団体をご紹介頂いた党員・支持者の皆様のご尽力の賜物です。

結党50年の初陣を大勝利し、次の50年へ出発した今、「支持率」自体を目に見える形で上昇・定着させる戦いを進めて参ります。

そのための第一歩として、今回新たにご紹介いただいた方々の名刺210枚のすべての方に、上田勇との勝利の万歳や県下での古屋範子との街頭遊説を表紙に掲載した「浜田通信」を発送させていただこうと考えています。

もう一点実感したことは、元気な中小企業の経営者にお会いし、円安に戻った今、経済は着実に成長軌道に入りつつあるということです。

大手電機メーカーをスピン・アウトして、製品回転率が高い電子製品の1号試作品製造に特化した藤沢の中小企業、健康ブームに焦点を絞り飲料水・化粧水分野を切り開いた川崎の経営者。

特殊磁性材料や精密金属加工、新たなビジネスモデルの提案等で事業分野を切り開いている経営者の皆様の「ものづくりの魂」「おもてなしの心」にも県下至る所で触れさせて頂きました。

一方で、「潤い始めている大企業の利益を下請にも還元を」。ドライになってきた企業間関係の中で原材料高の価格転嫁に悩んでおられる方々も。

お約束した軽減税率実現とともに、「公明党らしい成長戦略」。浜田まさよし、必ずカタチにしてまいります!

[No.1565]ハマダレポート Vol.238.ー衆院選、争点その2ー

ハマダレポート Vol.238.2014.12.1

ー衆院選、争点その2ー

前号に引き続き、この度の衆院選挙の争点についてのハマダレポートです。

第2の争点、それはこの2年間の与党の経済政策、いわゆる「アベノミクス」についてです。

今年度第2四半期(7月から9月期)のGDP国内総生産の伸びが、消費税の反動や冷夏の影響を受けて予想を下回り、年率マイナス1.6%と発表されました。

一方、自動車メーカーや電機メーカーは過去最高益。株価や雇用は2年前と比べ大きく改善しています。

一体どの経済指標が本当なのか?

当然どれも本当なのです。

実態はこの2年間の景気回復は未だまだら模様。よって、大都市から地方へ、大企業から中小零細企業そして家庭へと行き渡らせる「きめ細やかな経済対策」が今こそ求められているのです。

まさに、地元商店街振興につながる「プレミアム商品券」や「住宅エコポイント」などを提案・推進してきた公明党の出番です!

さらに、第3の争点、衆院選は政権選択の選挙です。この2年間でもっとも皆様のお声を国政に反映させた候補者・政党を選んでいただき、今後の政権運営を託していただく選挙です。

3.11東日本大震災から3年8か月になりますが、未だ福島では12万7千名もの方が県内外に避難されています。

その仮設住宅の集会所で、ネットワーク政党、公明党の国会議員、地元地方議員が入って被災者との懇談会を幾度となく開き、皆様のお声を復興政策に反映してまいりました。

「遅い、鈍い、心がない」といわれた前民主党政権の復興政策をこの2年で大きく転換させ、地元の皆様の「凍てつくような」不信感も徐々に溶け始めてきました。

その象徴が、衆議院解散の2日前に成立した「中間貯蔵施設設置法」。東京ドーム20杯分の福島の除染土壌等を30年間保管する施設建設に地元の皆様の合意を頂けたのです。

「公明党の支えがなければ福島県の復興は進まなかった」。 先月、新たに就任された内堀雅雄福島県知事の言葉です。

福島の復興を後戻りさせない! そのためにも引き続き、公明党の手に政権をゆだねていただけるよう、浜田まさよし、あと13日、全力で走り続けて参ります!

P.S. 私自身は候補者ではないため、公示以降となる次号は念のため休刊とさせていただきます。12月15日に必ず、皆様に勝利のご報告をさせて頂きます!

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
浜田まさよしHP