[No.1599]ハマダレポート Vol.253.ー「人が生きる、地方創生」ー

ハマダレポート Vol.253.2015.3.30

ー「人が生きる、地方創生」ー

4月3日告示、4月12日投開票となる、県会・政令市会議員選挙がスタートします。

神奈川、静岡では、県議会選挙に加え、横浜市会、川崎市会、相模原市会、浜松市会で、各候補者が10日間の選挙戦を戦います。

この度の、統一地方選挙の争点。

「地方創生」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対して、国と地方が連携して、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することです。

2015年度から、集中的にこの「地方創生」に取り組むこととなった背景には、2040年には全国1800の半数896の自治体で、20-39歳の女性の人口が現在から半減し、自治体として「消滅」する可能性あるという推計が、昨年なされたことがあります。

まさに、この度の統一地方選挙は、この「地方創生」を、どの政党が、どの候補者が担うのかが問われている選挙です。

公明党は、「人が生きる地方創生」を掲げています。

「地方創生」というと、地方経済の再生や雇用の確保、少子化対策の整備などの「方法」が注目されがちですが、公明党の視点は、あくまでもそこに住む「人」においています。

「人」が希望を持ち、「人」が生き生きと暮らせる「まちづくり」はどうあるべきか。

まさに、地域の中に飛び込んで汗をかく「現場主義」。国・県・市の「ネットワークの力」が問われているのです。

先日、NHKの討論番組を見ていて、消費税、原発、集団的自衛権などを争点の中心に据えようとする政党もありました。確かにこれらも重要な課題で、公明党は責任をもって一つ一つ答えを出してきましたし、これからも丁寧に取り組んでいきます。

しかし、これらはあくまでも「国政選挙」の争点であり、「統一地方選挙」でこれらばかりを街角で声高に語る方々には逆に他に語る、地元に根ざした実績や具体的な将来ビジョンがないのでは・・・・・との声も。

「人が生きる、地方創生」。皆様にしっかりと訴え、浜田まさよし、全力で駆け巡ります!





[No.1598]3/23大震災出版対策本部と懇談

20150323★.jpg
 復興庁で3月23日、出版関係団体などが東日本大震災の復興のために発足させた「大震災出版対策本部」の原本茂運営委員長らと懇談しました。
 席上、原本運営委員長らは、同本部が昨年、岩手県と宮城県の小中学生や高校生を対象に開催した、本を読んで感じたことをメッセージカードに表現する「私のおすすめ本メッセージカードコンテスト」について、福島県での開催に向けた協力を要望。
 私からはすぐに対応していく旨の話をさせていただきました。

[No.1597]ハマダレポート Vol.253ー商店街や家計にも「暖かな風」を!ー

 ハマダレポート Vol.253.2015.3.23

商店街や家計にも「暖かな風」を!ー

 春の暖かさが感じられるようになりましたが、大幅ベースアップの妥結など、一部、景気好転にもその広がりが見え始めています。

 地元の商店街や家計にも、「暖かな風」を!
 
「与党」公明党の国・県・市のネットワークで「プレミアム(上乗せ)付き」商品券や旅行券の発行準備が、各地で進められています。

神奈川県では、観光振興と地域活性化のために、国からの交付金約36億円のうち約27億円を県内の旅行の割引に当てることを予定しています。

観光名所などをめぐるツアーの旅行代金を半額で販売したり、県内の旅館やホテルで1万円分使える「ふるさと旅行券」を5千円で販売します。

また、ふるさと旅行券が使用できる旅館やホテルで、お土産購入や食事、追加でツアーをする際には、2500円の「お楽しみクーポン」券が3割引き(1750円)で販売され、使用することができます。

ふるさと旅行券やお楽しみクーポン券は、今年7月から販売予定です。

 中華街・山下公園(横浜市中区)や横浜ベイブリッジ(同鶴見区・中区)、夜景がきれいな東扇島公園(川崎市川崎区)、相模川ふれあい科学館やさくら通り(相模原市中央区)など、「暖かな風」の中、今すぐにも行ってみたい場所が神奈川には数多くあります。

また、静岡県では、国からの交付金約25億円のうち12億円を使い、「家康公顕彰400年(静岡市葵区)など県が指定するテーマに即した旅行商品を割引販売する事業や、浜名湖の地引き網(浜松市西区)など体験型旅行商品を割引販売する事業を予定しています。

一方、1万円で1万2千円分の買い物が出来るというプレミアム率20%の商品券が、この夏発売を目指して準備が進められています(横浜市、川崎市、相模原市、大和市、平塚市、静岡市、浜松市など、詳細は地元の公明党議員にお問い合わせ下さい)。

例えば、横浜市では、公明党の提案による500円券を含めた発行や地元商店街優遇(20%プレミアムの内、10%は商店街加盟店限定。)など、各地で色々な工夫も。  

「暖かな風」を行きわたらせるプレミアム商品券・旅行券。浜田まさよし、「与党」公明党のネットワークで進めて参ります!

 

[No.1596]3/20党核廃絶推進委員会として外務大臣へ要望

20150320★.jpg
 座長を務めさせていただいている公明党核廃絶推進委員会として、公明党の山口那津男代表とともに3月20日、外務省で岸田文雄外務大臣と会い、4月に行われる核拡散防止条約(NPT)運用検討会議に向けた積極的な外交努力を求める申し入れを行いました。
 この申し入れは、同会議が広島、長崎への原爆投下70年の今年に開催されることを踏まえ、「核兵器のない世界」へ向けた取り組みを前進させるためのものです。
 席上、山口代表は、同会議などで「唯一の被爆国の立場から、我が国の主張をしっかり出してほしい」と要望。その上で、同会議での議論を主導し、「核兵器のない世界」をめざした法的枠組みについて、検討の着手が合意文書に盛り込まれるよう最大限の外交努力を行うように求めました。また、核兵器国に閣僚レベルの参加を求め、各国首脳が核兵器の非人道性に関する国際会議の議論を聞く機会となるようNPT加盟国に働き掛ける必要性を訴えました。
 岸田外相は「いただいた意見をしっかり受け止めて、具体的な成果につながるよう取り組んでいく」と応じました。

[No.1595]ハマダレポート Vol.252.ー堀内投手とのキャッチボールー

ハマダレポート Vol.252.2015.3.16

ー堀内投手とのキャッチボールー

ジャイアンツの名投手、堀内恒夫さんは一昨年8月に繰り上げ当選され、今、参議院議員。

昨年の3月26日の復興特別委員会で初めて質問に立ち、気仙沼で牛乳販売店を営む千葉さん父子が実現したバッティングセンターのエピソードを紹介されました。

出席していた私は、委員会後すぐに、その2週間前、3.11の日に掲載された千葉さん父子の体験談をお届けしました。

津波で母親と二人の妹、そして祖父母を亡くし、父と二人きりとなった瑛太(えいた)君(当時、小学3年生)。

震災2ヶ月後、父親の清英さんの仕事で向かった盛岡からの帰り道、親子で寄ったバッティングセンター。自宅の気仙沼から1時間半のところです。

「遠いね。気仙沼にもあったらいいな」

3.11までは毎日、野球に打ち込んでいた瑛太君。市内の空き地は、がれきで埋まり、子どもたちが遊べる場所が少ないという状況だったのです。

「任せとけ。父さんが人生かけて建ててやる」

千葉さんは内陸部の倉庫を間借りして牛乳販売店を再開。震災を風化させまいと独自ブランドの「希望の飲むヨーグルト」を発売。収益の一部をバッティングセンターの資金に充てることにしたのです。

マシンを格安で譲ってくれる人、造成を無償で引き受けてくれる人、全国の方々の応援で、ついに堀内議員の質問の4日後の昨年3月30日。「気仙沼フェニックスバッティングセンター」がオープンしました!

嬉しいことに、堀内恒夫さんも、そのバッティングセンターを訪問してくれただけではなく、昨年11月に宮城で開催された、東日本復興支援の巨人阪神OB戦で、瑛太君が始球式の大役に!

「いいボールを投げますよ。きっと彼はいい野球選手になる。」

瑛太君とキャッチボールをした堀内恒夫さんは目を細めて私に語ってくれました。

被災地はこの春より5年目。今まで以上に「心の復興」が重要になっています。

「心のキャッチボール」。浜田まさよし、これからも続けて参ります。

[No.1594]3/14京都市内での避難者交流会に出席

IMG_2725★.JPG
 東日本大震災に伴い京都府内に避難されている方々の交流・相談会が3月15日、京都市内で開催され、あいさつさせていただきました。
 当日は福島を中心として避難されている方々が約90名参加され、福島市から、京都市内の山科の市営住宅や桃山の国家公務員住宅に母子避難されていている方々から、種々ご要望をいただきました。
 最後は、参加されたお子さんも一緒に「花は咲く」の大合唱。
 引き続き、復興庁として支援を続けて参ります。

[No.1593]3/10衆院財務金融委員会で答弁

IMG_4355 - ★.JPG
 衆議院財務金融委員会が3月10日開かれ、所得税法等の一部を改正する法律案等についての審議で、日本共産党の宮本岳志議員からの質問に対して答弁しました。
 答弁では、福島復興再生基本方針の基本的考え方、中小企業や小規模事業者の事業再開への支援並びに避難解除等区域への住民帰還への取り組みなどについて答えさせていただきました。

[No.1592]ハマダレポート Vol.251.ー被災地でのネットワークの底力ー

ハマダレポート Vol.251.2015.3.9

ー被災地でのネットワークの底力ー

3.11東日本大震災から丸4年を迎えようとしています。

私自身も福島に常駐を始めて3度目の冬。当日は、福島市での追悼復興祈念式典に出席させて頂きます。

お亡くなりになった方々、未だ不自由な避難生活を余儀なくされている方々への思いを新たにし初心に立ち返って参ります。

今日は、被災地での住民懇談会についてのご報告です。

2年前の政権再交代前の民主党政権で完全に失われた、政府と被災者の皆様との信頼関係・・・・。

以来、2年になりますが、私自身、福島に常駐して避難12市町村長やその議会議長に対して、一人一人、何度となく避難先に訪問させていただき、いただいたご要望は、その途中経過を含め、その多くをカタチにしてきました。

しかし、未だ12万人もの方々が県内外に避難されているという福島の厳しい現実。それらの方々のお声を一つ一つをお聞きし、信頼をどう回復するか・・・・・。

公明党はネットワーク政党です。

衆参国会議員が被災3県、さらには市町村の担当を決め、地元の県会議員、市町村会議員とともに、仮設住宅集会所等での住民懇談会を連続開催してきたのです!

昨年11月には、富岡町などから避難されてきている郡山市の仮設住宅集会所での懇談会に出席させていただきました。

今、復興公営住宅が順次完成し、仮設からの引っ越しが始まりましたが、公営住宅には、照明やエアコン、カーテンなどはついていません。

「仮設を取り壊すならこけらのものを持って行きたい」。 お一人のつぶやきが条例というカタチとなり、これが認められるようになりました。

また、就労不能賠償が今年2月末で終了になることから、定職の斡旋をしてほしいとのお声。2月2日から郡山を含め、福島県内4カ所のハローワークで専用の窓口を設け、個別に対応する体制をスタートさせました。

また、郡山の仮設住宅の敷地は元農業試験場。圃場であったが故に、水はけが悪く、「雨が降ると床下に水がたまり、虫がわいたりと、近隣のトラブルの元になっている」とのお声。

懇談会終了後直ぐに、現地調査を行い、1ヶ月以内に改良工事が入り、皆様に喜んで頂きました(12月24日付け公明新聞)

ネットワークの底力で被災地の復興再生を加速。浜田まさよし、復興5年目も皆様にレポートし続けます!


[No.1591]ハマダレポート Vol.250.ー常磐自動車道ついに全線開通!ー

ハマダレポート Vol.250.2015.3.2

ー常磐自動車道ついに全線開通!ー

ハマダレポートも250号を迎えることが出来ました。

皆様から頂いたお声をカタチにしてきたエピソードや、私自身何気なく目にし思ったこと、そして、皆様になんとしてもお伝えしたいと思ったことを綴らせて頂いて参りました。

ここまで続けてこられたのは、皆様の声援があったればこそ。改めて、御礼を申し上げるとともに、初心に立ち返り、これからも発信し続けて参ります。

今日は、嬉しいご報告です。

ニュースでも流れていましたように、昨日、常磐自動車道が全線開通しました!

昨日の記念式典には、安倍総理、太田国土交通大臣とともに出席させて頂きました。

埼玉県三郷ジャンクションから、宮城県亘理町インターチェンジまでの総延長300キロの整備が決まった1970年から45年を経て、東京から仙台まで「浜通り」を通って直通となります。

除染と舗装を一体的に工事し、帰還困難区域などに指定されている富岡・浪江間の約14キロの空間線量も平均毎時1.2マイクロシーベルトに低減。

この区間を乗用車で一回走行した場合の被ばく線量は約0.2マイクロシーベルトで胸部X線撮影1回の線量の300分の1程度です。

未だ、避難を続けられている南相馬市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町などの皆様の一時帰宅が便利になるだけではなく、東北道に比べ雪の心配がないため、宮城県の水産加工企業からも、「首都圏への直送」に熱い期待が寄せられています。

また、車を利用されない方々から要望をいただいていたJR常磐線についても、昨日、安倍総理から早期全面復旧について検討指示がなされました。

さらに、公明党が進めてきた12市町村や母子避難者の高速道路無料化は4月以降も続けさせて頂きます。

交通は、モノやヒトを運ぶだけではなく、心をつなぎます。

被災地の再生とともに、「人間の復興」。浜田まさよし、さらに進めて参ります!

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
浜田まさよしHP